ストレンジラブ博士

今日も張り切って「ライズン」をプレイしますよ!今日は、前に出会ったデカイ亀と戦ってみるか!とウロウロしてたら、目的地の修道院に到着しそうになったよ!こっ、このままでは物語が進んでしまう!物語が進んじゃって、妙に盛り上がったりしたらどうしよう!きっと「先が気になるから道草なんてしてらんね」なあんて思っちゃうんだよ!これはアカン!というわけで、修道院を横目に見ながら、道無き道を歩いて行くと・・・うおおお、デカいカマキリ登場!ちょー強そうだぜーっ!戦ってみると本当に強いぜーっ!池というか沼というか、デカイ水たまりみたいなのをグルグル回りながら、時には弓矢でちくちくダメージを与えながら、時には剣で斬り込んでみながら戦い、勝利しました!うおおお、野生動物キラー!
カマキリを倒した後、やることなくなって(デカイ亀の事はすっかり忘れて)修道院へ入りました!修道院に入ったら、「修行が終わるまで出られないよ」とか言われていやーん!ちきしょう!閉じ込められた!しかも、強制的に「棒を使え」って言われるのもいやーん!マスターを片っ端から倒していったら、最後のマスターが剣を使ってきやがるよ!なんてこった!アンタ、ずるいよ!仕方ないので、ルール違反って怒られるかな、とかビクビクしながら、こちらも剣と盾、鎧を装備して挑むよ!・・・それでもなかなか勝てない!さすが最後のマスター!それでも何とか勝利しました!はー、疲れた!
修道院でロックピックの技術を教えてくれる人が登場し、鍵のかかった宝箱や扉を開けることができるようになりました。いえーい!修道院ブラボー!ていうか、出してくれよ!(どっちなんだ)

「ブロークンソード」が終わってから、DSで何をプレイしたらよいのかわからなくて、アメリカで買ってきた「メイズ・オブ・フェイト」をプレイしてみたりしましたが、すばらしいインターフェイスに恐れおののいたよ!フィールド画面で、町から町への移動は十字ボタンを使ってキャラクターを動かすのだけれど、Aボタン、Xボタンなどを使っても動かせるんだ!両手でキャラクターを動かせるなんて「リブルラブル」みたいでステキだね!町へ入るときは、Lボタンを使うよ!・・・Lボタンかー!酒場とか、町の施設から出るのはSTARTボタンだよ!・・・STARTボタンかー!普通、Bボタンとかだよねー!あと、SELECTボタンも普通に使ったりするんだよー!?ってどんなインターフェイスやねん!決定ボタンはAボタン、キャンセルボタンはBボタンってファミコンの時からのお約束だろうが!でも、ダンジョンの3D描画は妙に高速で、3Dな敵キャラクターもグリグリ動くのがあなどれないんだよね。

・・・そういうわけで「女神転生ストレンジジャーニー」を買ってきてプレイすることにしました。初代のファミコン版「1」と、ゲームボーイアドバンス版の「真・女神転生」しかプレイしたこと無いけど、大丈夫でしょうか。

コメント