投稿

12月, 2016の投稿を表示しています

独断と偏見のゲーム大賞2016

イメージ
へいへい!今年も「独断と偏見のゲーム大賞」の時間が参りましたぜー!例年通り、受賞対象となるゲームは、「ワタクシが2016年にプレイしたゲーム」でございます!突然すげえ昔のゲームが受賞する場合もあるし、ボクが偏ったジャンルのゲームばかりプレイしていると、逆に全然プレイしなかったジャンルの受賞ゲームは”なし”になっちゃう場合もあるんです!そんな感じの、何の権威もない、気楽なゲーム賞ですが、今年も大発表だ! 【アドベンチャーゲーム部門】ザ・ウォーロック・オブ・ファイヤートップ・マウンテン
(ティン・マン・ゲームズ/PC)
「ザ・ウォーロック・オブ・ファイヤートップ・マウンテン」は、ボクのようなおっさんには懐かしい、ゲームブック「火吹山の魔法使い」のビデオゲーム版なのですが、ボードゲームのテイストを盛り込みつつ、今風なテイストも盛り込まれていて、素晴らしかったです。まあなんちゅうか、「思い出補正」も効きつつの受賞です(きっぱり)。このゲームをプレイした後、iPhoneで発表されていた「ファイティング・ファンタジー」シリーズを片っ端からプレイしちゃいました。<ノミネート作品>ザ・ウォーロック・オブ・ファイヤートップ・マウンテン(The Warlock of Firetop Mountain)/PCトーメンタム・ダーク・ソロウ(Tormentum Dark Sorrow)/PC アプス(Abuz)/PC【シミュレーション・ストラテジーゲーム部門】アメリカン・トラック・シミュレーター
(SCS ソフトウェア/PC)
このゲームの淡々とした感じというか、のんびりした感じというか、そういう雰囲気が妙に気に入って運転し続けてしまいました。自分のトラックを持ってからは、修理費を出したくないから、より一層あらゆる接触に気をつけたり、ローンをできるだけ早く返したくてお金を短期間で沢山稼ぎたいから、法定速度を守って運転するようになったり、トラック野郎の気持ちもキチンと味わえました。程よい緊張感と、程よい緩さがステキなゲームでございました。<ノミネート作品>アメリカン・トラック・シミュレーター(American Truck Simulator)/PCスターデュー・バレー(Stardew Valley)/PC シティーズ:スカイライン(Cities: Skyline)/PC�…

悪魔武器屋デニス

イメージ
へいへい「ダークソウル2」だよ!ボスを倒したら鍵をくれたので、何も考えず、鍵を使って開いた扉を突き進むんだ!最近はメイスを使っております!殴った時のボゴンという鈍い効果音が非常に素敵です!なっなにぃ!?闇霊武器屋デニスが侵入してきただとぉ!?自慢じゃないけど、闇霊に勝ったことはないよ!(きっぱり)でも大丈夫!一度やられたら消えちまうはずさ!…と言いつつも、できれば勝ちたい!気持ちよく勝利して「がははは!ざまあみやがれ!武器屋め!」って言いたい!でも、このデニスさんは魔法を使って遠距離攻撃してくるし、剣の攻撃も非常に強いぜー!くはー、死んだ!全くいいところなしで死んだ!でも大丈夫だ!闇霊は、もう消えているはずだ!なっなにぃ!?消えていないだとぉ!?仕方ない、「崖の近くや起伏の激しい地形を無意味にウロウロしていたら、ヤツったら勝手に死んでくれたよ作戦」だ!(作戦名長い)というわけで、はしごを登るぜー!んむふふふ、そうだ、やって来るがいい。お前がはしごを登っているところを迎え撃つぜ。(ずるい)はしごを登ってきたところに一撃食らわしてやったけど、やられモーションみたいなのが無くて、ダメージくらいながら普通に登ってきやがった!ずるいぞ!「はしごを登ってくる→叩き落とす→また登ってくる→また叩き落とす」を、お前が死ぬまで繰り返そうと思ったのに!ふふん、まあいいさ。今度ははしごを降りてくるところを迎え撃つぜ。(ずるい)あっあれ?なんか姿が見えないと思ったら、後ろから音が聞こえてるかも?あいつ、後ろにいるんじゃない?いる!確実にオレ様の後ろにいる!急いではしごを登ったけど、そこで斬り付けられてやられたぜー!くそう!はしご作戦はイマイチだったか!(作戦名変わった)くそう、「今度は階段の下で待ってパンチラ拝む作戦」じゃなくて…うわあ、くだらないこと言ってたらいつの間にか階段を下りきってた!階段を下りきったヤツとは普通の戦いになっちゃったから、普通に負けたぜー!今度は「出待ち作戦」だ!開幕と同時にバックアタックしてやるのさ!(ずるい)うおおお、最初こそアドバンテージがあるけど、すぐに挽回されて瞬殺だぜー!これはあれか!?「ダークソウル1」の最後の敵と戦った時に決めまくったパリィを決めろ、ということなのかー!?うおおお、決まった!パリィを決めてやったぜ~!これだ!よっしゃ、パリィを決めま…

「ダークソウル3」も買ったけど、じゅんばんね

イメージ
スチームのセールは非常に危険だね!セールが始まるたびに言ってるけど、ホントに危険!スチームを起動するたびに必ずチェックしちゃうし、うっかりカートに追加しちゃうもんね!ボクも非常に沢山のゲームを買っちまいましたが、まずは「ダークソウル2:スカラー・オブ・ファースト・シン」を熱烈プレイするぜー!前作をクリアして少し経った後、無印な「ダークソウル2」をプレイしていたのですが、どうしてもグラフィックが古臭くて我慢ならんかったんです!普段はあんまりグラフィックがどうのこうの、と文句を言わないワタクシですが、「ダークソウル」シリーズは、やっぱりあの緊張感が大切で、おどろおどろしい雰囲気やカッチョいい鎧などが登場しないと燃えないんですよおおお!
上が「スカラー・オブ・ファースト・シン」、下が無印でございます。キャラクターの装備に違いがあるけれど、やっぱり今回の方が随分キレイだよなあ。こちらも、上が「スカラー・オブ・ファースト・シン」、下が無印でございます。雰囲気がぜんぜん違うね。無印はなんか全体的にツルンとしてたんだよね。グラフィックがキレイになっただけでなく、敵の配置も随分変わってる感じだよ!超序盤なのに、いきなり強敵が配置されてたり、嫌なところに嫌な敵が配置されているだけでなく、人数も沢山だったりして、イヤな調整もされてるんだ!”敵が全然いないエディション”とか、”ボスの体力が1固定エディション”みたいなのも入ってるのかな?え、そんなの無いの?ああそう。前作同様、今回も死にまくってるぜー!無印版はそれほど面白く感じなくて、結局ほったらかしにしちゃってたんだけど、「スカラー・オブ・ファースト・シン」はすげえ楽しいなあ。気のせいでしょうか。前作みたいに、やられると「もういっちょう!」と思うんだよね。普通の人と出会ったよ!旅人を騙すやつがいるから気をつけて、とかアドバイスをくれるんだけど…門をくぐった途端、しめられた!やられた!あいつは自分のことを言ってたのか!敵の大群と戦い、命からがら戻ってくると、あの野郎がまだいたよ!よくも騙しやがったな!普通の人だけどやっつけてやる!デカい盾と槍を持ってるけど、隙が大きいから楽勝だぜー!このゲームに登場する、数少ない普通の人なんだろうけど、グッバイだぜー!やつがいた近くの場所でザクザク何かを切り刻むような音が聞こえる…あっ、敵が木を切り刻んで…