投稿

11月, 2009の投稿を表示しています

今日はタイトルを思いつかないよ

イメージ
今日は「ボーダーランズ」を熱烈プレイだ!「フォールアウト3」が、よりFPS寄りになったRPGかと思っていたけれど、「フォールアウト3」の世界観に成長要素の入った「ファークライ2」という感じでしょうか(「ファークライ2」は、何か言えるほどやりこんでいないのですが)。「あそこ行って暴れて来い!」とか「あそこのボスをやっつけて来い!」と言われるがまま、暴れまくっているアタクシでございますが、これはこれで楽しかったりもしています。お店のカウンターに小さな箱が置いてある場合があって自由に開けられるのだけれど、その中にお金が入ってたりするのが、なんかイヤンな感じ。レジの金を使って買い物しているみたいなんだよね。店の人はなんで怒らないのかな、という感じ。「フォールアウト3」みたいに、お金でやり取りしてない世界なら、まだイイんだけどねー。スクリーンショットは「ファイナルファンタジー」に登場してたら、きっとシドという名前な感じの人。

「火吹山の魔法使い」もプレイです!ドワーフが住んでたところにザゴールがやって来て、ドワーフがみんな追い出されてしまったんです!そんな可哀想なドワーフから得たミニクエストに挑みますが、なんか接近戦が難しいんです!ドワーフやオークに斧などで斬り付けられると、ボクの体力は思いっきり減るんです!・・・はっ、そういえばボクの職業は学者!力じゃなくて、頭で勝負な人だったよ!というわけで、遠くから魔法で勝負だ!レベルアップしてポイントを得たので、HPとMPを回復してくれるリジェネレーションのスキルを獲得してみましたら、これがまたちょー便利!グングン回復するので、魔法連発で敵を蹴散らしております。背景は3D、敵は2Dなので「デュークニュッカム」な感じでございますが、敵がたくさん登場しても高速描写なのが素敵です。

サンクスギビングデイのおかげで、色々なサイトでゲームのセールが行われておりますが、iPhoneなゲームもセールをしていて嬉しい悲鳴でございました!色々ゲームを購入しましたが、その中で「フラッシュバック(Flashback)」の出来がひどくて驚いたよ!あの名作「フラッシュバック」なのに、けなさなくてはならないなんて!なんつったって、十字キーは右手!アクションキーは左手の位置にあるんだよ!おいおい、左利き仕様かよ!ダッシュジャンプもすげえやりづらいよ!こりゃあ最悪…

ザゴールをやっつけるよ!

イメージ
いやー今週は仕事がきつかった!あまりにきつかったので、今日は眠りまくって14時間くらい寝たよ!こんなに寝たのは久しぶりでございます。こんなに寝たのに、今、もう眠たいよ!どんだけ疲れてんだ!というわけで、DSで発売された「ファイティングファンタジー」を購入したんです!GameStopで購入したのだけれど、最近、本当に来るのが早いよなー!実は、GameStopってアメリカのお店じゃないんじゃないの!早速プレイしてみましたが、質問形式でキャラクターの職業が決まったり、いきなり3Dな町を歩き回ることができたりして、ベースとなっている「火吹山の魔法使い」とはだいぶ違いそうな感じ。グラフィックが非常に硬派で、とても素敵でございます。付録として、新しいデザインになった再刊行されたゲームブック「火吹山の魔法使い」がついていて驚きました。ふとっぱらー!

同時にPC版「ボーダーランズ」とPS3の「ゴッド・オブ・ウォー・コレクション」、DSの「スクリブル・ノーツ」を購入しました!「ボーダーランズ」は、どこかのゲームレビューを見てたら「敵が一直線に向かってきて非常に馬鹿。買う価値はない。」なんて言われちゃってたけど、アメコミ調のグラフィックは新鮮で楽しいし、頭を空っぽにして銃をバリバリ撃ちまくるのはとても楽しいです。

「ゴッド・オブ・ウォー」は、「2」までのシリーズをHDな感じにしたもの。なんとなくオリジナル版をPS2エミュレーターで動作させているような感じに見えますが、「うわーカクカク!」というほどではないし、やっぱりアクションがダイナミックで面白いわ。「3」のデモをダウンロードできるコードがついておりましたが、アメリカかカナダなアカウントじゃないとダメ、とのことだったので、一旦あきらめております。アメリカなアカウントが作れるか、試してみようっと。

「スクリブル・ノーツ」というゲームはiPhoneのIGNゲームレビューアプリをボケーッと見てたら高得点だったので購入してみました。まだプレイしておりませんが、ステージで必要と思われるアイテムの単語を入力すると、そのアイテムが登場して先に進むことができちゃったりするらしいです。面白そう(ってプレイしろよ)。

”まな”って打ち込んで変換したら一発で真名って出てびびったよ、フゥーハハハ!

イメージ
「シヴィライゼーション4:ビヨンド・ザ・ソード」の逆転負けが非常に悔しかったので、再プレイです!今度は適度に軍事ユニットを作りながら、科学で科学で科学なんです!目指せアルファ・ケンタウリ!というわけで科学を研究しまくって、どの国よりも進んだ日本になりましたが、隣国のマヤと我が大阪は非常に仲が良く、隙あらば、すぐに「マヤの所属になりたいですけど、いいですか?」なんて言って来やがるので、一旦認めてあげて、その瞬間マヤに宣戦布告したろか、と思いましたが、「いいえ、ダメです」と大人の対応を見せつけてやりました!(ていう自国なんだけどね)残りターン数が少なくなってきたところで、無事アルファ・ケンタウリに到達し、勝利することができました。思い返すと、今回は一度も、どの国とも戦争にならなかったなぁ。

久しぶりに「ライズン」をプレイです!あぁそうか、まだ男だらけの危険な修道院生活だったんだ!今日は修道院をうろつきまくって、偉い人達から出されるテストをパスしまくって、ようやく修道院から出てもイイことになりました!チャプター2に入ったのですが、人との会話の途中でいきなり”ここからチャプター2です”みたいな一枚絵が表示されたのでびびりました!この無骨さがとてもステキな感じでございますが、あまりにも唐突だったので、もうちょっとタイミング考えてもいいかもね。だはは。・・・魔法が使えるようになったと思うのだけれど、どうやって唱えるのかよく分からなかったので、とりあえず今までどおり、剣でモンスターと戦っているアタクシでございます。スチーム経由で購入するとマニュアルを読めないのがイヤンな感じね。それはともかく、久しぶりにゲームのタイトル画面に登場するオジさんと会話したのですが、なんかやせたような気がします!「大丈夫?食べてる?どこか病んでない?身体は大切にね!」と思いながら、彼の台詞を聞いておりました。

「シュタインズゲート」をプレイする際に、自動再生にしてボケーッと画面のテキストを読んでいるアタクシですが、時々知らない間に眠ってしまっております!毛布にくるまってプレイしているので、暖かくて眠くなっちゃうんだよね。それはともかく、主人公がすげえヘンテコなのがとても面白いので、是非このまま突き進んでいっていただきたいのですが、今後、どういう物語になっていくのか全然予想できないところが良い感じです。・…

面白かったけど嫌い!

イメージ
「コール・オブ・デューティ:モダン・ウォーフェア2」をクリアしたよ!「え?もうおしまい?」という感じで、クリアまで6時間くらいでございました。グラフィックはとてもキレイだったし、演出もド派手で迫力があり、とても面白かったし、いつもの「コール・オブ・デューティ」なのは間違いないのだけれど、なんか好きになれないというか、ハッキリ言うと今までのシリーズの中で一番嫌いです!あの、例のステージは不要ですよ!胸くそ悪いだけだもん!あと、このゲームをプレイしていると”最初の仕様のまま開発を続けると発売延期になっちゃいそうだから、最初の仕様に盛り込んでた様々な要素を削って開発し始めたら、意外と順調に開発が進んだので、細かいところまで作り込むことはできました。でもカットシーンについては、モーションキャプチャーを使うと時間がかかっちゃうから採用できず、結局ドラマCDみたいなのになっちゃいました。あと、シングルプレイモードの他のモードも、全然用意できなかったっす。まぁマルチプレイモードはあるので許してよ。”みたいな感じがしちゃうんですよ!って長いすか!あと、ボクの妄想なので、事実とはかけ離れたものだと思うのですが、なんかそんな印象を持っちゃうゲームなんですよ!・・・はっ!ひょっとして追加エピソード発売する気なのか!?うわー、そういう汚い商売をやりそう!・・・って、今日は妄想ばっかりだなぁ。ドンパチ自体はとても面白かったのですが、なんかモヤモヤ感が残るんだよなぁ。

今日は「シヴィライゼーション4:ビヨンド・ザ・ソード」をプレイしておりました!我が日本は地理的にも恵まれ、序盤にかなりの広さの領土を持つことに成功!また、隣国との関係も、そこそこ良好!よっしゃ、このまま突っ走れば勝てる!・・・と思いきや、いつもいつも高圧的な交渉をしかけてくるビスマルクに冷たくしたら、宣戦布告されてしまいました!しまった!戦闘用ユニットはほとんど用意しておらず、科学開発ばっかりに注力してたよ!戦闘機でもない、ただの飛行船を飛ばして爆撃したりするけれど、ビスマルクの操る軍隊には大きな効果もなく、結局攻め込まれて日本はボロボロにされてしまいました。ちくしょー!あのやろー!こういう逆転負けとか、逆転勝ちができるのが面白いよな-。あと、「シヴィライゼーション:レボリューション」のルールとごっちゃになって「あれっ?」と思…

今日は間違えて味方を3人倒しました!

イメージ
今日は一日中「コール・オブ・デューティ:モダン・ウォーフェア2」をプレイする気でおりましたが、奥さんが買い物に行きたいと言うから、仕方なく秋葉原に行ったんです!ていうか、秋葉原に行ったのはボクの用事だけどね!てへっ!というわけで、まだ「ライズン」をプレイ中だからダメだよーなあんて思ってた「ドラゴン・エイジ:オリジンズ」のコレクターズエディションと「シヴィライゼーション4コンプリート」を購入してしまいました!本当は「シュタインズゲート」も購入したかったのだけれど、どこも売り切れのようで残念でございました。

帰ってきてから、早速「モダン・ウォーフェア2」をプレイするよ!今日は数時間プレイしたけれど、なんかどっかで見た印象があるなぁと思ってたら「ベガス2」だよ!「レインボーシックス:ベガス」は物語も演出も、非常にバランス良く力が入っていて良い作品でしたが、「ベガス2」は何となく「前作のエンジンを使ってちゃちゃっと作ったから、物語はともかく、激しい銃撃戦が楽しめる、ゲームそのものを楽しんでよ、じゃね!」みたいな感じで、面白いことは面白いのだけれど、拡張パックをプレイしているような気分になっちゃう感じでございました。「モダン・ウォーフェア2」も、まさにそんな感じですよおおお!ハッキリ言って物語なんか全然なし!現場に行って、とにかく悪いやつをぶちかまして帰って来いや!みたいな感じでございます。バリバリ撃ちまくるのは楽しいのだけれど、気分的に燃えてないから、「ミッションクリアして実績もらったから、今日はここでやめようっと」みたいな感じでアッサリやめられちゃうんだよね。グラフィックもキレイだし、演出も前作まで同様にド派手で楽しいだけに、ちょっと残念な感じがします。

朝、また妙に早起きしてしまったので、「アイパピー」というゲームをダウンロードしてみました!「ニンテンドッグズ」のパクリゲームだよ!でも、タッチスクリーンの反応が悪いのか、犬をなでているのにカメラがグルングルン回ったり、エサをあげるためにメニューを開きたいのに、やっぱりカメラがグルングルン回ったりするんです!まぁ、なんて目の回るゲームなのでしょう!犬が汚かったのでお風呂に入れてあげましたが、数値が100になるまでゴシゴシこすっちゃうんです!ごめんねポンタ!ていうか、このゲームはお腹の減り具合とか、のどの渇き具合とか、汚…

今日はナイトビジョンをつけたまま寝るよ

イメージ
うおおお、Xbox360版「コール・オブ・デューティ:モダン・ウォーフェア2」が来たぜーっ!限定版を予約していたのをすっかり忘れていて、奥さんからの「なんか海外から荷物が来たよ」メールびびってしまったアタクシでございます!まだまだ発売日じゃないと思っていたけれど、月日が流れるのは早いもんだねぇ。というわけで、ゲームよりも何よりもまず、おまけのナイトビジョンゴーグルを試すよ!このゴーグルはプラスティック製だし、ゲームのロゴとか開発会社のロゴのシールが貼ってあったりして、結構オモチャっぽい感じでございます。もっとしっかりしたものがついてくるのかと思っていたので、ちょっとガッカリしつつ、「まぁそんなしっかりした物でなくていいのか」とあんまり期待しないまま、単三電池5本を入れてスイッチオン!(ちなみに画像はゴーグルと戦士の銃を装備した、仮想世界で数多くの世界を救いまくっている戦士の姿)



うおおお、すげえよく見える!びっくりだよアニキ!二枚目の写真は、真っ暗の玄関に置いてある熊のぬいぐるみを、ゴーグルごしに見たところでございます。レンズの色を白と緑に変更することができて、緑にすると人の肌とかが白く見えて、人がいることがより分かりやすくなるような感じです。こりゃあすげえ!どんどん暗いところを見ていきたい気持ちで一杯になりますよ!暗いところはどこだ!暗いところはどこなんだ!オレに暗いところを見させろ!

そんな事をやっているうちに「コール・オブ・デューティ」のHDリメイク版のダウンロードが終わったので、早速プレイです!なんてったってHDリマスターなんだから、あのハチャメチャ大活劇ゲームが、より美麗な画面で楽しめるに決まってるさー!・・・なんていうか、その・・・普通っていうか、HDリマスターなんだかよく分からないっていうか、ただハイビジョンな解像度で楽しめるっていう感じすかね?

というわけで、ようやく本編の「モダン・ウォーフェア2」をプレイしますよ!・・・ちょー楽しい!初めて10分なのに、全力で「面白い!」と思えるのがすごいよ!最近の海外ゲームは、つかみが良すぎて素晴らしいね!ゲームをプレイしていると、「今度のミッションプレイする?やめたかったらいつでもやめてイイからね?」なんて聞かれたので、なんのこっちゃと思いながらプレイします!・・・うおおお、一番の悪党と一緒に空港で乱射しま…

iPhoneのバッテリーはすぐ無くなるね

イメージ
「ベヨネッタ」をプレイしておりますが、小さな女の子がまとわりついてくるようになりました!女の子を守りながら戦わないといけないのですが、ベヨネッタさんの足が長すぎて、また、女の子が小さすぎて、ベヨネッタさんが女の子をサッカーボールみたいに蹴っ飛ばしてしまいそうなのが見ていておっかないんです!しかも、ベヨネッタさんだから、蹴っ飛ばしても、踏みつけても「あ、なんかぶつかったかな」くらいで終わらせてしまいそうな感じなのもおっかないんです!そんな感じで冷や冷やしながらプレイしておりますが、今日、ようやくアイテムを自分で作れることに気がつき、また、いつの間にか武器を獲得しており、更に装備を変更できることに気づきました。刀が強いので使用しておりますが、ステージを進めるたびに、クリアできるか不安になって参りました。

いろいろ文句を言いながらiPhone版「デュークニュッカム」をプレイしておりますが、コンフィグ画面をいじくったら敵をタップしなくても攻撃できるようになりました!うおおお、これで普通のFPSな操作方法で楽しめるぜーっ!と思いましたが、やっぱりちょープレイしづらい!射撃ボタンをタップすると、画面中央に射撃するはずなのですが、ぜーんぜん画面中央にいない敵に攻撃が当っちゃうんです!なんか「操作しづらいでしょ?分かってる分かってる。君が狙ってる敵に攻撃を当ててあげるから勘弁くれや。」みたいな感じに見えちゃうんです!プレイしていて、ちょっと惨めになるんですよおおお!ていうか、これもコンフィグ画面で補正をオフにしたらいいのだろうけれど、オフにしたらしたで、本当に当たらない(敵を画面中央に捕らえられない)んですよおおお!「クエイク」が出るらしいけど、大丈夫なんかな!?カーマックたんならどうにかしてくれるのかな!?ていうか、彼はインターフェイスのことを考えてるのかな!?ていうか「クエイクRPG」出してくれないかな!?とか何とか考えてしまいますが、iPhoneにアナログスティック一本(デジタル十字ボタンでもいいや)と、ボタンが一つでもついてたらニンテンドーDSを超えられるかもしれないのになぁ!と思ってしまいました。あ、あとスタイラスも使えたらいいなぁ。

iPhoneの「アンダークロフト」というゲームをプレイしておりますが、なんか最初のクエストがヘンテコで面白いです!最初に出会う女性が、話…

iPhoneでレトロゲーム三昧

イメージ
今日は、ずうっとiPhoneをいじくっておりました!App Storeを隅々までチェックしまくって、良さそうなゲームを片っ端から試しましたよ!・・・と言いたいところですが、やっぱり手が出てしまうのは、レトロ風味なゲームなんです!うおおお、なんてこった!

というわけで、「トランシルバニア」をプレイします!うひょー、最初っからおどろおどろしくて怖い雰囲気だぜーっ!”Open door”みたいな感じでテキストを入力してプレイするテキストアドベンチャーゲームなのですが、シンプルなグラフィックがちょー格好いい!オリジナル版はプレイしておりませんが、iPhone版は、いちいちテキストを入力しなくても、コマンドリストと、その場面で操作できるオブジェクトの一覧を組み合わせてコマンドを入力することができるので楽ちんだし、BGMというか効果音が、これまたおっかない雰囲気で、とても良い感じでございます。

「フライング(Flying)」というゲームも、とても面白いです!8bitで緑色なレトロ調グラフィックがひじょーにステキなゲームですが、iPhoneを傾けて飛行機を操り、ビルを避けてグングン進んでいくだけのゲームでございます。ハイスコアが残るのがとてもニクイんですよおおお!単純なゲーム内容なだけに、思わずハイスコアを目指して繰り返しプレイしてしまいます。でも、ビルに激突して、すげえたくさん煙が出ているのを見ると、例のテロを思い出しちゃうんだよね・・・。

「アンダークロフト(Undercroft)」というゲームも、すげえイイ感じです!見た目は「アイ・オブ・ザ・ビホルダー」という感じのRPGなのですが、実はターンベースのRPGでございます。iPhoneには、似た感じのRPGとして「ザ・クエスト(The Quest)」があるけれど、開発した人の個性というかクセが前面に出まくっていたアチラとは異なり、万人向けの、安心してプレイできそうなゲームでございます(なんつってもチュートリアルもあるし)。

「ローグ(Rogue)」「ネットハック(iNethack)」「アーコン(Archon)」「ミスト」もプレイしましたが、どちらも「あぁ懐かしいねー、細かい所は忘れてたけど、こんなんだったわー」って思いました。って非常に普通な感想で、我ながらまいった!

残念だったのは「デュークニュッカム3D」でございます!う…

ばけらった

イメージ
今日はXbox360版「ベヨネッタ」と「ラストレムナント」、PS3の「侍道3」、Wiiの「罪と罰」を購入したぜーっ!ゲーム買いすぎだと言うのかー!?気にしない気にしない、一休み一休み。

そういうわけで「ベヨネッタ」をプレイだよ!体験版をプレイした時は、それほど面白いとは感じなかったけれど、ちゃんとチュートリアルを受けて、操作方法が分かった状態でプレイすると面白いです!非常に操作が簡単で、派手に敵をぶちのめすことができるので、すごく爽快なんです!あと、自分がどこにいるのか分からなくなり易い感じです!まぁそんな感じですが、チャプター2の、教会に出てくる二つ頭のドラゴンに殺されまくってイヤーンな感じでございました。ベヨネッタさんは普通の姿勢がすごくのけぞっているし、歩くときはお尻をものすごく振りながら歩くし、腰にすごく負担をかけていそうな感じでございます。

死ぬたびに増えるガイコツマークが、これ以上増えなくなるほどドラゴンに負け続けたので、「ラストレムナント」をプレイです!・・・こりゃあひどい!ワゴンの980円で購入したのだけれど、世界のスクウェアエニックスがこんなものを出すなんて!どのシーンでもテクスチャーは貼り遅れるし、シーンが変わるたびにロードだし、戦闘のたびにロードだし、戦闘が終わるたびにロードだし、こりゃたまらんぜよ!ロードのたびにワンポイントレッスンみたいなのが表示されるので、お説教されてるような気分になっちゃって”いい加減、うるせえよ”なんて思っちゃうんです!こんな調子で「ファイナルファンタジー」は大丈夫なのかなぁ?それとも、このゲームは練習なのかな?

「罪と罰」は、Wiiのコントローラーだとすげえプレイしやすいです!敵に直感的に狙いをつけられるのが、とても良い感じでございます。男の子を選択してプレイしておりますが、ゲームを始めてすぐのイベントシーンで、女の子の身体を鉄骨が貫通しているシーンがあって、結構衝撃を受けてしまいました。敵を撃って、敵の弾を避ける、というシューティングゲームならではの動作がとても気持ち良くて、更にハイスコアアタックに燃えられるゲームなのが素晴らしいです。

帰りの電車の中で「女神転生」をプレイしながら何か足りないと思っておりましたが、ようやく分かりました!マグネタイトですよ、マグネタイト!魔物を連れて歩く時にマグネタイトが必要で、しかも強い…