投稿

2月, 2017の投稿を表示しています

レッツバスロマン(シング)!

イメージ
懐かしの「キングスクエスト2(King's Quest 2:Romancing the Throne)」をプレイするよ!タイトルは映画「ロマンシング・ストーン」に引っ掛けてるよ!こういうの言わせちゃ駄目だよ、恥ずかしいから!

「1」でダベントリー王国の王様になったグラハムさんは、王様としての手腕を発揮しまくって王国は繁栄しておりました。いよっ、グラハム王!さすが!

でも、グラハム王の心の中は、どこか寂しい…。そうだよ、王様だって年頃だもの。彼女の1人くらい欲しいよね?どうせお城には誰もいないんだし、ていうか、ついでに言うとダベントリー王国って人間は誰も住んでない感じだし、ちょっとくらい王国をほっといて、恋人探しに出かけてもいいよね?
…そうだ、京都に行こう!

…というわけで京都に到着!いやー、南国だねえ!京都って南国だったっけ。まあいいか!今回の舞台は京都です!(きっぱり)どこかの塔に囚われた女の子を救い出して、結婚するのが目的だぜー!
…グラハム王の行動力ってすげえですね。魔法の鏡が「え、お嫁さん?ココにキレイな女の子が囚われてるみたいですけど。徒歩だと大変だけど、船に乗ったら意外とすぐかもねー。」って女の子を映し出した途端、船に乗って京都に出発しちゃうんだもんね。

適当に歩いてたらドアがあったから開けるよ!そりゃあ開けるさ!開けなくちゃゲームが進まないもんね!こちとら王様だぞ!文句あっか!?
ちなみに、矢印キーで王様を移動させ、コマンドはキーボードでタイプします(Open doorみたいな感じで)。矢印キーは一回押したら、その方向に王様は移動し続けるので楽ちんと言えば楽ちんです。
ドアを開けたらはしごがかかってたよ!そりゃあ下るさ!はしごは下るためにあるんだろう?上るためにもあるけど、下るためにもあるんだよ!こちとら王様だぞ!?

ここはドワーフの家で、運が悪いとドワーフが在宅しており、捕まると家の外に出されてしまいます。家の外に出されるだけ、というのが優しいね。何度も何度もドワーフの部屋に入っては出て、入っては出て、を繰り返していると、どこから出かけちゃうのか、不在な時があります。そんな時は、すかさず家探しして、宝箱の中に入っているイヤリングと、コトコト煮込んでたスープをいただいちゃおう!レッツ略奪!ドワーフさん、夕食をいただいちゃってスマンね。ていうか…

また世界を救ってしまった

イメージ
オラ、積みゲーを片付けるぞ!というわけで、長い間ほったらかしちゃったけど「ピラーズ・オブ・エタニティ」をプレイスっぞ!お前たちの力、分けてけろ!

ゲームをコンティニューすると、すげえ終盤っぽい感じ…。そうだそうだ、終盤で盛り上がったところで急にゲームが起動しなくなったんだった。でも管理者権限でゲームを起動したら問題なく動いたんだった。多分ゲームがバージョンアップしたら管理者権限が必要になったんでしょうなあ。ちょうどグラフィックカードを変えた頃だったから、グラフィックカードのドライバがどうのこうの、みたいな話かと思ってたんだよねえ。
それにしてもさあ、なんなのよ管理者権限って。ボクのPCはボクしか使わないんだから、なんでもかんでも管理者でいいじゃんかー。勝手に管理者権限で動かしてくれよなー。


さっ、Windows10をディスったところで、冒険の続きなんだけど、このゲームでは、たまにゲームブックっぽい選択肢が出てまいります。そこで選択するとキャラクターの能力値などに応じて結果が少し変わったりするのだけれど、今日はグリーヴマザーさんが災難に遭いまくったんだ!
ちょっとした穴を飛び越えると十分に飛び越えられず、穴のふちにしがみついたのはいいけれどアバラをぶつけて痛めちゃうし、また穴を飛び越えて戻る時には着地に失敗して足首を痛めるし、もうこの運動オンチ!(褒め言葉←あ、いや、別に褒め言葉じゃないや。普通に悪口だった。)


とか何とか苦労しつつ、クリアしたぜー!海外のRPGって、その後の事を長く語ってくれるのがイイよなあ。デュランスさんの最後がちょっと衝撃的だったけど、彼らしいと言えば彼らしくて納得でした。このゲームでは主人公達のその後だけでなく、組織や世界がどうなっていったのかを語ってくれるのが素晴らしい感じです。

いやー、面白かったなあ!そういえばこのゲームって続編が出るんだよね。続編が出る前にクリアできて良かったです。

ドレッドをジャッジする

イメージ
ばばばーん!「ジャッジ・ドレッド」のフィギュアを購入したので大紹介したいぜー!
「ジャッジ・ドレッド」の映画はシルベスター・スタローン版とカール・アーバン版があるけれど、カール・アーバン版の方が好きです!なんつってもカール・アーバンがずうっとヘルメットを被ってるのが素晴らしいんだよ!カール・アーバンは、せっかくハンサムなのに、あの映画では顔が一瞬も映らなくてかわいそうなんだ!でも、あれでこそドレッドなんだ!助手の女の子も可愛いし、カール・アーバン版を猛烈にオススメしたい!

かーる・あーばんばん、だよ!


さっ、そんな感じでメズコトイズ版のドレッドと、スリー・エー版のドレッドだよ!右側がメズコトイズ、左側がスリー・エー版で、どちらも12分の1スケールです。



メズコトイズ版はお高い(15000円くらい)ので、ちゃんとしたパッケージに入ってるんだ!



付属品は下記のとおりでございます。
3種類ずつの右手左手 手榴弾2個 警棒 ナイフ ローギバーピストル ローギバーピストル用弾倉 手錠 ディスプレイ用台座

後ろ姿。ベルトはゴム製で、左側に見える銀色のリングには警棒を、後ろについてる穴には手榴弾を、右側に見えるポケットには弾倉を装着できます。また、左足にはナイフ、右足にはローギバーを装着できます。



 体のあちこちが変にゴツゴツしてるのですが、ここには磁石が埋め込まれています。



アーマー(?)の後ろにも磁石がついており、磁石で固定します。



ドレッドさんの出来上がりだ!ちなみにアーマーの磁石はかなりしっかりくっつくので、ポーズつけてても全然ポロリしません。胸のドレッドバッジも磁石で、ポロリは無いのですが、気づくとクルクル回転しちゃってることが多いので撮影時には要注意です。



いやー、いい口だなあ。ドレッドさんは、この口じゃないとアカンよなあ。ヘルメットには簡単な汚しと、バイザーの部分には稲妻な模様が印刷されています。



アクションフィギュアなんだから、後はどんなアクションができるか、で価値が決まるんだよ!というわけで、ゾンビを後ろから警棒で殴るよ!



そして思い切り蹴飛ばすよ!
ボクの中のドレッドのイメージは、犯罪者の顔を思い切り真正面から踏みつけるように蹴っ飛ばしていて、返り血がブーツについてる感じです(どんなだ)。スーツが革製で、革に抵抗されちゃうので、そんなに足が上…