投稿

2020の投稿を表示しています

健気なまいんちゃんとユーゴくんがたまらなく可愛らしい

イメージ
まだ間に合うか!?ギリギリか!?
まだスチームのセールが間に合うなら、今すぐ「プレイグテイル:イノセンス(A Plague Tale:Innocence)」を購入しなさい!(命令)
今なら66%引きだよ!?
さあ買えたかな!? 買えたならゲームをダウンロードしている間の暇つぶしとして、このブログを読もう!

ひつまぶしの画像を貼ってみたよ? だじゃれだよ?

それはともかく、主人公のアミシアちゃんとユーゴくんは貴族のお嬢ちゃんとお坊ちゃんです。
ユーゴくんは謎の病気を患っており、隔離されています。お母さんがつきっきりで看病していますが、隔離されたユーゴくんにつきっきりなので、アミシアちゃんがお母さんに会えなくて寂しい思いをしています。 また、ユーゴくんは隔離生活が長いらしく、家族なのにユーゴくんとアミシアちゃんはあまり会ったことがない様子。

アミシアちゃんはお父さんと共に森を冒険することで、見た目とは裏腹にお転婆な感じに育っています。
そんな境遇でも4人家族は楽しく幸せに暮らしておりました。 しかし、突然現れた異端審問官により両親は殺され、従者もまた皆殺しにされてしまいます…。

命からがら、統治している村まで逃げ延びた二人。 民家のドアを叩きますが、助けてくれる人は一人もいません。 アミシアちゃん(のお父さん)が統治してたのに…!

村ではペストに感染した人、その疑いがある人が、生きたまま焼かれていました…。 ひょっとしたら混乱に乗じてペストとは無関係な人が焼かれているのかも…。

窮鼠と化したアミシアちゃんが得意のスリングで衛兵の頭を撃ち抜いた!

衛兵はその場に倒れ込み、そのまま動かない…。

え…?
これって…
まさか…?

ハードボイルドよりソフトボイルドなエッグが好きです

イメージ
さあお遊びはここまでだ! ハードボイルド探偵推理ゲーム「ブラックサッド(Blacksad:Under the Skin)」)で遊ぶ時間だぜ!お遊びはここまでだって言ったくせに遊ぶんですか!?なんなんですか!?(キツめの自問&自答しない)

「ブラックサッド」はおフランスのコミック(アメリカのコミックはアメコミと呼びますが、フランスのコミックはバンドデシネと呼びます)で、ハードボイルドな物語が超絶アートで繰り広げられちゃうんです! 日本語版コミック5巻+ファンブック的な1冊が刊行されてるよ!オールカラーな割には安いから全員買おう!
ちなみに登場人物は全員動物の格好をしているんだけど、女性が非常にセクシーで良い感じなんだよ!うっかり違う趣味に目覚めちゃいそうになるんだ!

ブラックサッドさんの言動は登場人物たちの言動に影響していくよ! ブラックサッドさんが優しくしてあげた人は、それを恩義に感じてくれて、いつかのタイミングで助けてくれたりするし、逆に優しくしてあげたばかりに後で面倒な存在になったりもするんだ!
八方美人じゃダメなんだ!優しくするべき人にだけ優しくしなくちゃ!それが恋愛のテクニックなんですよおおお!…あ、恋愛ゲームじゃなかったか。

ブラックサッドさんは探偵なので、関係者へのインタビュー中に細かいところを観察したりもしちゃうよ! ちなみに彼女はジムのオーナーと恋人関係にあった、ジムの事務員(死体の第一発見者)。今はジムの近くにある喫茶店で働いています。

捜査上、必要だと思った箇所は丹念に調査するよ。 捜査に必要だからね。 仕方ないんだ。

ブラックサッドさんは、集めた手がかりを組み合わせて整理&推理しちゃうんだ!

プカプカ浮いてる文字をマッチングさせて、どんどん整理&推理していこう! つまり、整理整頓が事件解決へのもこみちなんだ! いや、もこみちじゃなくて早道だ!

物語が進むと自動的にコミックな感じになるよ! そしてここにはプレイヤーが選んだセリフが表示されてるんだ! 「ココの受け答え、ちょっと失敗したかもなー」と思ったら、戻って選択し直したりもできます。(それ以降のシーンはプレイし直し)

ゲームはオリジナルストーリーでございますよ。 ボクシングジムのオーナーが自殺しているのが発見されますが、同時にジム期待の新人ボクサーも失踪してしまいます。オーナーは自殺と認定されますが、我らがハードボイルド探偵ブラック…

要するに「イーブル・シェンムー」ってことでしょ?

イメージ
スチームのセールで「ヤクザ0」を買いました! オウ、ジャパンでは「龍が如く0 誓いの場所」というタイトルらしいですねー?(誰なんだ)
さすがに「龍が如く」シリーズが沢山発表されているのは知ってたのですが、今まで一本も遊んだことがなかったんです!シリーズ初体験なんです! ついでに言うと、ボクはいわゆる任侠ものにそれほど興味がないのですが、テレビでやってた「アウトレイジ」を途中から見たのにすげえ面白くてアマプラで全編を見直し、続編も見ましたよ!ついでにTV版の「ウシジマくん」もちょっと見てました!(コミック版は怖そうだから読んでません)
そんな程度のワタクシでございます。

舞台は80年代の新宿歌舞伎町でございます。 カットシーンに1988年って出てたような気がしますが、この時代のボクは高校生~大学生だったので、映画を観に行ったり、大学のサークルの飲み会などで、結構頻繁に歌舞伎町にアクセスしておりましたよ。 なんつっても歌舞伎町のすぐ横にある西武新宿駅を使ってたしね。
そんな、歌舞伎町に超絶詳しいワタクシに言わせると、「ヤクザ0」の歌舞伎町再現度は…
よくわかんない。
…です! ってなんやねーん!
言い訳すると、3.11の震災時に田舎(東村山)に住む不便さを痛感したので都心に住むようになったのですが、それ以降、新宿を利用することが全然無くなっちゃったんですよねえ。 もう10年くらい行ってないからなあ。 でも、雰囲気はこんな感じでした。

歌舞伎町はヤクザがすげえ歩いてて、ちょっと肩がぶつかったくらいで因縁つけられたりして、みたいなイメージがありましたが、普通に映画観て、ちょっと飲むくらいなら、全然怖い街じゃないんですよね。なんつったってど真ん中にコマ劇場があって、昼間はおじさまおばさまが歩き回ってましたからね。
でも、いわゆるバブルの時代は、夜はこんな(↑)格好の女の子がコートみたいなのを羽織っただけで歩いてたりして「すげえ!」と思いつつガン見した記憶があります。
これはバブル時代に新入社員だった方(女性)から聞いた話ですが、接待される側だった彼女は、帰り際に「これからもよろしく」と言われて先方から封筒を渡されたそうです。 帰りのタクシー(家までの数万円のタクシー代は先方が出してくれた)で封筒の中を見ると、30万円入っていたのだそうです。 ただ上司に着いていってご飯食べただけなのに、まだ入社数ヶ月で何の権限も…

スーパーファミコン版はマリオペイントのマウスで遊んだ気がします

イメージ
「アイ・オブ・ザ・タイガー」をプレイしますよ!

ってちがーう!
「アイ・オブ・ザ・ビホルダー(Eye of the Beholder)」でございますよ! なんかアレだな、「アイ・オブ・ザ・タイガー」聞くとテンション上がるなあ!
GOG.comで大絶賛発売中ですから、この記事を読まれた方は全員買ってネ! スーパーファミコンとかメガCDで遊んだな、と思ったら、あれは「2」だったよ! 今回は「1」でございます。

なんかよくわからないまま、適当に4人のキャラクターを作ってダンジョンに潜りますよ! 潜れば良いんでしょ! 潜りますよ!
…なんかね、王様に言われて町の地下道を探索に行くんですけどね、地下道に入った途端、出入り口が崩れちゃうんです! 「ウィザードリィ6」みたいな始まり方ね。

退路を絶たれたワタクシは、前進するしかないんです!
「アイ・オブ・ザ・ビホルダー」は3Dダンジョンゲームですが、モンスターもダンジョン内を歩き回っています。ボケーッとしていると後ろから殴られたりするので、常に緊張感を持った冒険を求められます。 ただ、こちらも、こちらに気づいていない敵に飛び道具をありったけ投げつける、ということもできます。 知ってる人しか分からない例えで恐縮ですが「ダンジョンマスター」みたいなゲームです。
ていうか「ダンジョンマスター」です(きっぱり)。

完全武装したスケルトンは結構攻撃力があるので要注意です。 ガッと距離をつめてくるのが怖いです。
ヤツが斧を振り回す時に「コーン!」という音がするのですが、それを聞くたびに「何この音!?ヘルメットに当たった!?やばくない!?」と、ちょっと焦っちゃいます。

スケルトンは防御力は低いけど攻撃力が高いので、4人パーティと遭遇するとなかなかキツイです。
何となく後衛のモンスターのほうが大きく見えるんだけど気のせいかな? 後衛のモンスター1体と前衛のモンスター1体が残ってる時に、結構違和感があるんですよ。 まあ、そのスクリーンショットはないんですけれども。(安定のクオリティ)

戦いが終わるとアイテムが散らかってて汚らしいよ。 回収するのは結構面倒くさいけど、投げる武器はちゃんと拾っておかないとね。
ていうか、一人やられたよ! やられた味方をどうやって生き返らせたら良いんだろう。(マニュアル読めよ)

地下3階に進むと…狼伯爵(合田命名)登場だ! 狼伯爵は攻撃力がずば抜けて高いよ! 2回も攻撃を受ける…