投稿

2014の投稿を表示しています

昨日の反省文が短すぎるって怒られました

イメージ
さあ大晦日だ!ゲームを片付けていくぜ!終わりかけてる「ディフェンダーズクエスト」から片付けるよ!2つのルートに別れるのだけれど、片方はどう見てもバッドエンディングなんです!もう片方の方に進んでまいりたいのだけれど、敵が強い&ユニット制限で先に進めないので、このタイミングで新人ユニットを登用し、彼らのレベルアップ&装備強化のために、過去ステージの難易度高いバージョンをクリアしたり、高い装備品を買ったり、特別な装備品を貰ったりしたんだぜー!とりあえずバッドエンディングの方から見て、すごく虚しい気持ちになった後で、グッドエンディングを見るために頑張るぜー!…って勝った!みんなのレベルが結構上がってたから、ハッキリ言って楽勝でした!最後のボスが姿を変えるのが「ドラクエ」のボスみたいで面白かったなあ。ゲームも物語も、すごく面白かった、という程ではないけど、面白かったです。さあお次は「コール・オブ・デューティ:アドバンスド・ウォーフェア」ですよ!キャンペーンは大詰めな感じ!大詰めな感じなのに結構なイベントが起きたりして「あり?予想に反して結構長いのかな?」とか思っちゃいましたが、そうでもなかったです!戦闘機に乗ったり、すごく強いメカに乗り込んだり、自分有利な状況が続いて非常に爽快で楽しかったです!戦闘機のミッションはもう少し長く遊びたかったなあ。というわけでクリアしたよ!きゃほー!最近の「コール・オブ・デューティ」はなんか面白くなくてキャンペーンモードですらクリアしなかったけれど、今回はとても面白かったなあ!最近のファーストパーソン・シューティングってシングルプレイ用の拡張パックで出さないのかな。「ウルフェンシュタイン」「アドバンスドウォーフェア」の拡張パックが出たら是非遊びたいなあ。

反省文

イメージ
わたくし、合田典弘は、”匠の家”ていうか”おもしろ建築”ていうか、まあそんな感じの家を建築中に、家の周りにお堀を作り、溶岩を流しました。村の中に松明を設置しまくるのは好きではありませんでしたので、溶岩を流すことで松明を設置せずに村が明るくなるのと、”匠の家”ていうか”おもしろ建築”が達成できる、という思いから、ナイスアイディア!なんつって自画自賛したものです。村の人々が誤って落ちてしまっては危険だと思い、柵を設けました。安全管理についても抜かりなし、なんつって、これまた自画自賛しておりましたが、そのまま2階の作成にとりかかった所、周りが妙に明るいことに気づきました。もっ、燃えとる!隣の家が燃えとる!それはもう、燃えとる!めちゃくちゃ燃えとる!まず、溶岩の脇に設置した木の柵が燃え、その火が隣の家に燃え移ったのです。そしてその隣の家とは、私の愛妻が苦心して建てたウッディなオシャレハウスだったのです。夜通し燃え、ようやく鎮火した際には、愛妻のウッディなオシャレハウスは見るも無残な姿に変わり果てておりました。このたびは、私の不注意から大変な損失を与えてしまい、誠に申し訳ございませんでした。心からお詫び申し上げます。ウッディなオシャレハウスの大部分は失われてしまいましたが、幸いにも全損は免れました。私は、これから全力でシャレオツなウッディハウスの修復に望んでまいります。あれ、ウッディなオシャレハウスでしたでしょうか。いえ、大丈夫です。私にお任せください。まず、私の”匠の家”ていうか”おもしろ建築”は、もう少しで完成いたしますので、その作業が完了次第、ただちに修復作業にとりかかる所存でございます。このたびは本当に申し訳ございませんでした。あらためてお詫び申し上げます。イーシャンテンな感じがするくらいの、微妙に年末な本日ですが、良いお年をお迎えください。

独断と偏見のゲーム大賞2014

イメージ
さあさあ「独断と偏見のゲーム大賞」のお時間ですよ!

対象となるゲームは”ワタクシが2014年に楽しく遊んだゲーム”ですので、いきなりすげえ昔のゲームが賞をもらったりする場合があるし、ジャンルごとに分けてるけど、そのジャンルのゲームは全然遊ばなかったわー、という事であれば何にも受賞しないんです!
そんな感じのいい加減な賞ですが、まあ、いってみよー!


【アドベンチャーゲーム部門】
ペーパーズ、プリーズ (ルーカス・ポープ/PC)
「ペーパーズ、プリーズ」をアドベンチャーゲームと呼んでいいのか分かりませんが、全く登場しない家族の事を思いながら、彼らを飢えさせないように、凍えさせないように、少しでも良い暮らしをさせてあげられるように、仕事を一所懸命頑張りました。そういう気持ちにさせるほど、雰囲気作りや演出が素晴らしかったゲームだったと思います。
もう1本の「ヒロインズクエスト」は、超大作ゲームでありながら無料というのがスゴかったです。しかも、続編が作れそうなのに、キチンと幕を引いちゃう辺りも潔くてステキでした。

<ノミネート作品>
ペーパーズ、プリーズ/PCヒロインズクエスト/PC

【シミュレーション・ストラテジーゲーム部門】

エックスコム:エネミーアンノウン
(2Kゲームズ/PC)

ボクにとって”食わず嫌い”ならぬ”プレイせず嫌い”な感じのゲームだったのですが、絶賛している人があまりにも多いので手を出してみたらハマってしまい、エンディングまでプレイし続けてしまいました。ユニットとなるキャラクターにはバックストーリーは無いのですが、外見から勝手に想像して、それぞれに感情移入しながらプレイしちゃいました。作りも丁寧だし、完璧なゲームだと思います。

<ノミネート作品>
エックスコム:エネミーアンノウン/PCザ・シムズ4/PC ディフェンダーズクエスト/PC フィールドランナーズ2/iPhone

【ロールプレイングゲーム部門】

サウスパーク:ザ・スティック・オブ・トゥルース
(ユービーアイソフト/PC)

最初から最後までとにかく下らなくて(褒め言葉)、それでいて、ちゃんとしたRPGだったのが素晴らしかったです。ボクは「サウスパーク」をほとんど見たことがありませんが、このゲームがものすごく面白かったので本編に興味がわきました。

<ノミネート作品>
サウスパーク:…

オレの馬はどこに

イメージ
今日は「コール・オブ・デューティ:アドバンスドウォーフェア」をプレイするよ!橋が舞台のミッションだったけど、”これこそコール・オブ・デューティ!”という感じで、やたら大げさで痛快だったよ!最高だった!他のゲームでも、橋を舞台にしたステージは面白かった印象が強いんだけど、気のせいかな。今日は橋のステージだって気づいた途端、「おっ、橋のステージなら面白いぞ」って思ったもんね。このゲームはステージクリア時にオプション画面を見せてくれないんです!つまり、やめられないんです!装備のアップグレードか、次のステージに進むか、の2択なんです!次のステージのロード中にムービーを見せられちゃうので、話の続きが気になってそのままプレイしちゃったりするんです!かー、うまいね!でも、ケヴィン・スペイシーがキメるこのシーンは最悪だと思いました!キメるシーンなのに!せっかくのケヴィン・スペイシーなのに!カメラワークや演出が最悪で、全然緊張感もないし、盛り上がりもしないし、「ケヴィン・スペイシー本物みたいでしょ?」って言ってもらいたいがためのシーンに見えちゃって、非常にガッカリでした。この「アドバンスドウォーフェア」にはハリウッドな人は関わってないのかな?「アイ・ハブ・ノー・マウス・アンド・アイ・マスト・スクリーム(いつもながら長いなあ)」は、最後のキャラクターであるエレンさんをプレイ!一番普通の謎解きだったような気がします!でも、話がエグかった!アムがエレンさんを気に入ってる、というのは、やっぱり変態的な視点からの事だったので、アムに強烈な嫌悪感を抱けるこのエピソードを一番最後にプレイして正解だったかもしれません。
そのままエンディングを迎えましたが、なんていうか、ゲームそのものは普通だったような気がするけど、とにかく物語が強烈だったなあ。小説も読んでみようかな。あと、画像は無いんだけど、Xbox Oneな「マインクラフト」がバージョンアップされた馬とかが登場するようになったんですよ!PC版と同じ雰囲気になってきたのはイイんだけど、貴重品のサドルを見つけてきて乗れるようにした馬が消えちゃったり、うっかり死んじゃって荷物をその場にぶちまけちゃったけど、すぐに取りに行ったのに何も落ちてなかったり、とにかく不安定なんです!くそう!まあ画像は無いんだけどね。くそう!

ようやく年末っぽくなってきたね

イメージ
「コール・オブ・デューティ:アドバンスドウォーフェア」をプレイするよ!ドローンを使ったり、光学迷彩が出てきたり、近未来だねえ!「スプリンターセル」で光学迷彩使ったら楽そうだなあ。最近のシリーズはプレイしてないけど、すでに使えるのかな。このゲームでは戦闘などによって破損しちゃった部位を補うために、機械を背負って戦うのだけれど、車を押して移動させられるほどに力持ちになったり、すげえ高くジャンプしたり、補うどころかパワーアップしちゃってる感じなのが素敵です。空飛んだりしたらいいのにと思いながらプレイしていましたが、今日プレイしたチャプターでは空飛んでたよ!うひょー、かっこいー!予想通りと言えば予想通りの物語だけれど、いつもどおり、アクションが爽快なので楽しくプレイしております。「アイ・ハブ・ノー・マウス・アンド・アイ・マスト・スクリーム」をプレイします!残る3人のうち、話が一番つまらなそうな気がしたニムドックさんでプレイします!あら、いきなり中々スゴイ展開で面白そう!ニムドックさん、ゴメンね!…あれ?なんか全然何も解決してないような気がするけど、クリア出来ちゃった!これでいいのかな。実はマルチエンディングだったりするのかな。すごく不安になりました。さあ、残るは2人!女性はアムのお気に入りだからテッド君でプレイ開始!ううう、登場人物の中で一番若くてハンサムなテッド君だけど、すげえ挙動不審だ!歩く時首を左右にブンブン振りながら歩くのもヘンテコだ!…でも女性にモテモテだ!くそう、若くてハンサムな男性に弱いというのか!黒魔術とか魔女とか出てくるみたいな雰囲気で、テッド君の話も面白くなりそうです。奥さんに3DSの「セガ3D復刻アーカイブス」を買ってもらいました!きゃほー!何となく「エコー・ザ・ドルフィン」からプレイしてみましたが、スーパードルフィンモードという、無敵モードみたいなのがついていてイイね!アクションが難しくて「二度とプレイしない!」と思ったけれど、もう一度くらいならプレイしてあげてもいいかも。(上から目線)

ヴェーダーまみれ

イメージ
ルーク:おはようございます!トルーパー&ヴェーダー:おっ、おはよう。ルーク:イメチェンしてから結構な時間が経ってるけど、みんな、未だに慣れてくれないんだよなあ。…おっ、そうだ!もう一回イメチェンしたらいいんだ!~次の日~ルーク:おはようございます!ルーク:どう?この姿なら怖くないでしょ?トルーパー&ヴェーダー:ルークさん!?ルーク:さあさあパパ!剣術の稽古をおねがいしますよ!おねがいおねがい!ルーク:さあ行きますよー!ヴェーダー:ううう、なんか可愛い…。ルーク:たー!ヴェーダー:ううっ、可愛い!隙だらけだけど可愛すぎて殺れない!びたーん!ルーク:いてー!鼻うったー!ヴェーダー:大丈夫かルーク!どこだ?どこが痛いんだ?トルーパー:ルーク坊っちゃん、大丈夫スか?絆創膏とか持ってきましょうか?ルーク:(あれ、トルーパーさんがなんか優しい…)ハン:おうルーク、パチンコでお菓子取ったからやるよ…(ポッ)。ルーク:ありがとう…。レイア:きゃー、ルークかわいー!(ぎゅー!)ルーク:あ、レイア…。ルーク:なんかみんな凄く優しくなったぞ!しかもボクを見る時、ニコニコしてるんだ!なんだかすごくイイ感じ!ルーク:ぷひゅー!マスクはやっぱり暑いね。トルーパー&ハン&レイア:(ぎょっ!)ヴェーダー:ワシもだぞ、ルーク!(きりり)~おわり~「ハイブリッド・メタル・フィギュレーション:ダース・ベイダー(エクスクルーシブ版)」というのを買ったんだよ!パッケージがオサレな感じで格好良いなあ!エクスクルーシブ版にはライトアップ可能な台座がついてるよ!早速発光させたいところだけど、我が家に電池が無かったよ!ここですぐさま電池を買ってきて、ライトアップされた画像を掲載しないのが、このブログのクオリティなんだ!ちなみに赤く光るらしいよ!格好良さそうだね!台座にはフィギュアを支えるアームをつけられるけれど、保持力は非常に弱いから上の写真や、下の写真のようなポー

アムの声は作者なんですって

イメージ
「アイ・ハブ・ノー・マウス・アンド・アイ・マスト・スクリーム(I have no mouth and I must scream)」というアドベンチャーゲームをプレイしております!アムという人工知能に人類は敗北したんだけど、5人だけが生かされていました!なんと109年もの長い間!アムは1人ずつに自分の用意したシナリオにチャレンジさせます。
…という物語で、おそらく全員のシナリオをクリアできたらアムと人間たちとの最終決着が繰り広げられるのでしょう。キャラクターそれぞれにストーリーが異なるだけでなく、キャラクターごとに幾つかのクリア方法があるけれど、正解なクリア方法でなければ本当のクリアにはならず、ゲームオーバーも無いので、正解なクリア方法に辿り着けるまで繰り返しプレイすることになります。
キャラクターそれぞれのシナリオは比較的短いので、繰り返しプレイしても大した苦ではないのだけれど、正解なクリアにたどり着くには、手順を発見して、本気でその通りにやらないとたどり着けないのが難点かも。一番左にいたゴリスターさんのシナリオから初めてみたけれど、クリアするのにかなり苦労しました。でも、次にプレイしたベニーさんのシナリオはすげえ楽だったなあ(楽だったって言っても、5回以上はやり直したよ?)。まだこの2人しかプレイしてないけど、キャラクター毎に難易度の差がありそうな気がするよ。残っているのは女性と、爺ちゃん、若い男性の3名ですが、女性はアムのお気に入りらしく、シナリオが面白そうな気がするので一番後にプレイしようかなと思っております。はじまったね!はじまっちまったよ!スチームのセールがはじまっちまったんだぜえええーっ!「ディフェンダーズクエスト」でタワーディフェンスゲーム熱が燃えているアタクシとしては「ディフェンスグリッド2(Defence Grid 2)」という、非常に評判の良いタワーディフェンスゲームを開発せざるを得ないわけなんです!エイリアンはボクらが大切にしているコアを盗もうとするので、ユニットを建築して奴らをやっつけないとアカンのです!ユニットは3段階にアップグレード可能!緑→黄色→赤と色が変わっていくので非常に分かりやすい!ユニットを建築できる場所は決まっているけれど、建築場所を工夫して、エイリアンが遠回りして進まなくちゃいけないようにすることも可能なのが楽しいです。エイ…