起きた

「ライズン」を購入しましたよ!キレイになって、操作性も良くなった「ゴシック」という感じで、とても良さそうです。この開発会社は雰囲気作りがとても上手だね。森の中とかを歩いていても、草むらの中に入れたりするのがステキでございます。船が難破して、島に漂着するところからゲームは始まるのですが、”人間チュートリアル”なサラさんが、なんかムカつく!海岸で漂着したアイテムを片っ端から拾ってたら、「フライパンを探してみたら?そしたら肉とか焼けるのよ」とか、唐突に言いやがるんです!肉を焼いて欲しいのなら、「お腹が減ったので、殺した動物の生肉を調理して下さい」って素直に頼めばいいのに!とか何とか言いながらもフライパンを探す旅が始まるのですが、序盤に出会うのは、デカい鳥と、スカンクみたいなデカいリス(?)と、腹ぺこ狼なんです!デカい鳥はディフェンスしていればノーダメージでやっつけることができるのですが、リスと狼はディフェンスしていてもダメージを食らってしまいます!食らってしまうので、できるだけ素早く、連続技をたたき込んで、一方的にやっつけてやりたいところでございますが、タイミングを誤ると、逆に相手の連続攻撃を受けて、こちらがあっという間にやられちゃうんです!むひょー!でも「ゴシック2」よりは、随分マシか!出会った野生動物を片っ端からぶち殺して、ようやくフライパン発見!サラさんに報告だ!サラさん、フライパン・・・「肉よ、肉!肉を焼いて!アタシ、おなかぺこぺこ!」・・・は、はい・・・仕方なく肉を焼くアタクシ!サラさん、肉が焼け・・・「早くよこして!あら、なかなか上手く焼けてるじゃない!」・・・は、はあ・・・「あたしは遭難してすごく疲れたから、この小屋で休んでくわ。あなたはこの辺りを冒険してきて、何か分かったら迎えに来て。北に向かう道があったから、そっちに行ったら?」なあんて言うサラさん!くはー、サラさんったら、なんてサド女なのでしょう!あまりに頭に来たので、ささやかな反抗として、小屋の中に入ってベッドを独占して眠り込んでやりました!ぐはは!サラよ、お前は小屋の外のデカイ丸太で股を広げて、いつまでも男座りしているがいいさ!このオレの焼いた肉を食らってお腹いっぱいで動けないのだろうから!

-フライパンクエスト・完-

今日のスクリーンショットは、サラさんのために肉を焼くアタクシと、その光景を男座りで見ているサラさんです。

ついでに、スチームで「ルシディティ」というゲームも購入してみました!こちらは少しだけプレイしてみましたが、”一人「レミングス」”という感じでしょうか?主人公の女の子を無事にゴールまで辿り着かせることが目的のゲームでございますが、キャラクターの動きが非常に滑らかで、丁寧で、それはもうイイ感じでございます。

コメント