投稿

6月, 2019の投稿を表示しています

アミってハニー

イメージ
やあみんな!アミっでる?(「アミッドイーブル」やってる?の意味)
大絶賛エピソード3を攻略中のワタクシだけれど、手応えありまくりだよ!まいったね!今までサクサク進んでたんだけど、セーブ&ロードを駆使しながらチビチビ進んでる感じだよ!我ながらズルいね! 

エピソード3の敵は、四角いんですよ!ボクのレーザーがばっちり当たってるから全然姿が見えないですけれども、ヤツらは四角いんです!「アミッドイーブル」がカックカクだからではなく、デザイン自体が四角いんです!

四角い=ロボなんですよおおお!というわけで、電撃レーザーを出す三叉の鉾がすごく効果的のような気がしてバリバリ使っております!
ちなみにボクの電撃レーザーを浴びている敵は、転がってくるイガイガの敵で、通称”イガグリちゃん”!この敵は高速で転がってきて、トゲで連続攻撃を仕掛けてきやがるんですよ!でも電撃レーザーに弱くて、周りの敵と誘爆しながら死んだりするのが可愛らしいんですよ!イガグリちゃん、大好きだぜーっ! ま、電撃レーザーがバッチリ当たってるからほとんど見えないんですけどね。

でたー!エピソード3でボクが一番好きな敵!その名も”カクカクダンディ”!何となくスーツを着てるようなダンディさを持ちつつも、顔から「グラディウス」な細くて長いビームを繰り出すんですよ!ビームを繰り出す時にピタッと止まって、「こんにちは」とレディに挨拶した時みたいな感じのフォーム(分かりづらいたとえ)になるのがステキなんです! コイツを見かけると「やった!」と思うくらい、好きなんです!コイツのアクションフィギュアが出たら、買うね!600体くらい買うよ!(出ないと分かってるから強気の発言)

コイツだけは嫌いなんだ!ボクにトボトボ近づいてきたと思ったら、やけくそにトゲをばらまくんだ!もうね、狙ってないんだよ!ボクめがけてトゲの入った箱をぶちまけてるような感じだよ!ボクめがけてトボトボ歩いてくるのが可愛いと言えば可愛いんだけど、攻撃に優雅さが足りなくて嫌いだね! コイツを見かけると「げっ!」って思うし、コイツのアクションフィギュアが出ても1体しか買わないよ!(一応、買う)

電気仕掛けの罠も多いような気がするんです!さすがロボのエピソード!(知らないけど)

眼の前をでっかい車輪がグルングルン動いてるんですよ!車輪に踏まれたらダメージだと思うでしょう?…

「クレイジー・フォー・ユー」という曲がチョー好きです。

イメージ
へへへい、「イントゥ・ザ・ブリーチ(Into the Breach)」をプレイするんですよ!
その昔、マダナ(マドンナの本格的発音)が「イントゥ・ザ・ブルー」という曲のマキシシングルを出したんだけど、「イントゥ・ザ・ブルー」がミックス違いで8回入ってたんだ!しかもミックスの違いがよく分からなくて困惑したよ! でもね、「イントゥ・ザ・ブリーチ」と「イントゥ・ザ・ブルー」は相当似てるけど、全く関係ないんだよ!驚きだね!え、そんなの分かってる?ああそう。ちなみに「いんとぅ・ざ・ぶ」まで同じだよね。
あとさ、マダナ(マドンナの…以下略)は「イントゥ・ザ・ブルー」だけじゃなくて、「キープ・イット・トゥゲザー」という曲のマキシシングルも出したんだけど、それもミックス違いで8回入ってて「あれ、以前も同じようなことがあったような気がする…デジャヴ?」と思ったよ!え、マダナの話はもういいの?ああそう。
最後にさ、マダナはダの部分を大きめに言うと本格的発音っぽくなるから、そのように読んでね!
…なんかマダナの話で盛り上がっちゃったな。今日のブログはこれでおしまいにしようかな。

さあ気分を切り替えてゲームで遊ぼう!このゲームはユニットがロボな「ファイアーエムブレム」的なゲームに違いないよ!なあんだ、大好物だぜ!美少年ユニットを鍛えまくってまいりたい! あ、あれ…登場するのはひ弱な感じの美少年ではなくて、いかついオッサンだ…。何となく「エイリアン」のビショップみたいな風貌だからボク的には大好物を言えるけれども。
それはともかく、このゲームのルールはちょっと特殊です。ボクらの電力は各ステージにある建物から得ていますが、建物がモンスターからの攻撃を受けると電力供給が滞っていきます。そして最終的に電力がゼロになるとゲームオーバーになっちゃいます。 複数のステージでキャンペーンが構成されているので、このステージでは電力を全く失わなかったけど、次のステージで建物がやられまくったので電力が沢山失われてやっぱりゲームオーバー、みたいな感じになっちゃいます。

こちらのユニットは3体出撃させられます。ユニットはモンスターにダメージを与えたり、モンスターを押して移動させたりすることができますが、モンスターはユニットも狙ってきます。ユニットがモンスターの攻撃を受けて体力がゼロになると、そのユニットは死んでし…

ミリアムちゃんは履いている

イメージ
「ブラッドステインド(Bloodstained:Ritual of the Night)」が発売されてたから早速プレイするぜー!前作(?)の「カース・オブ・ザ・ムーン」が面白かったので、ボクにしては珍しく、予約してたんだぜー!

今作の主人公はミレアムちゃん!足技が得意な女子だヨ!スカート履いてて足技が得意ってんだから色々期待しちゃうところなんだよ!どぅふふふ。

宝箱などから装備品をゲットすることでもミレアムちゃんを強化することができちゃうぜー!

…って、ちょっと待てー!マフラーよりも、ぼろぼろのマフラーの方が防御力高いってどういうことやねん!防御力が上がるのなら、ま、いっかー。

敵をやっつけると、たまにその敵の持つ技を覚えることができます。突然画面が赤くなっって、特大サイズのガラスみたいなのがミレアムちゃんの体にぶっ刺さるんだよね。まだゲームを始めたばかりで慣れてないので「な、なにごと!?」とビビってしまいます。

彼はミレアムちゃんと因縁のあるジーベルさん。仮面をかぶっていたりして、何となくシャアっぽい感じね。

ミレアムちゃんのおっぱい越しのジーベルさん。ジーベルさんはミレアムちゃんとは戦わず、お供のグレモリーさんと一緒にどこかに行っちゃいますが、今の時点では物語はよくわかりません。


ミレアムちゃんが危険を察知して攻撃をひらりと避ける!

そして華麗に着地!ミレアムちゃん、さっすがー!いよっ!
…! ちょっと待てよ!?
今のシーンを巻き戻してみよう!

ミレアムちゃん、履いてる! スパッツ的なものを履いてるじゃないか!
なんだよ!どうなってんだよ!
はい、クソゲー!
…え?だって履いてるじゃん!見えないじゃん!そんなのダメじゃん!

代わりにワタシがいるからだいじょうぶうううううー!!!

ワタクシのFPS枠はこのゲームに決まりました

イメージ
「アミッドイーブル(Amid Evil)」をプレイスっぞ!
「ダスク」がボク的には三塁打な感じだったので、「アミッドイーブル」は絶対に気に入るに決まってるんだよベイビー!

「ダスク」はホラーテイストでしたが「アミッドイーブル」はファンタジーな感じでございます。グラフィックはコチラのほうがややキレイかな? ただ、スクリーンショットのほうがずいぶんキレイに見える感じで、実際にプレイしていると「もうちょっとキレイになんないかな」とグラフィックオプションをいじっちゃう感じです。動作は軽いし、別に汚いわけじゃないんだけど、もっとキレイになりそうな感じなんだよね。

最初に持ってる斧は威力抜群で、雑魚なら一撃で倒せちゃうけど近接攻撃なので反撃を食らう可能性が非常に高いよ!今持ってる杖は威力は弱いけど誘導弾なので、動きの早い敵や遠く離れた敵にチマチマダメージを与えるのにイイ感じです。

敵の動きが全体的に早く、あっという間に距離を詰めてくるんだ!奴らをやっつけるのに忙しいから、中々いい感じのスクリーンショットが撮れないよ?言い訳だよ? 敵はみんな鎧を着ていますが、3Dモデルがカックカクなので何となく「メトロイド」のサムス・アランみたいに見えます。ただ、そう思うのはボクだけかもしれません。

FPSは、ダメージを受けないように進む「クエイク」タイプと、多少のダメージを受けながらも回復しながらガンガン進む「デュークニュッカム3D」タイプの2種類がある、と勝手に決めつけているワタクシですが、「アミッドイーブル」「クエイク」タイプのストイックなゲームでございます。

三叉の鉾は敵に電撃を与える武器で、敵が死ぬ時にビリビリってなりながらお亡くなりになるので「やってやったぜ」感が高いです。杖と同じ弾(沢山落ちてる)を使うのもイイ感じです。

”緑の地球砲(ワタクシ命名)”はバズーカです。”緑の地球砲”なのにオレンジの弾を使うところがミソです。

ステージはちょっと長めだけど、最初から結構凝った作りで面白いです。「あら、そこがそうなるの!?へー!」みたいな感じです(なんだかよくわからないでしょうけど)。

最初のエピソードのボス登場!壁にバウンドする竜巻みたいなのを出して攻撃してきます。左上にボスの名前と体力が表示されているので、あとどれくらい頑張れば報われるのかが分かって親切です。

ボスにやられたのでリス…