投稿

6月, 2010の投稿を表示しています

デンジャラスワールド

イメージ
今日も「レッド・デッド・リデンプション」をプレイしますよ!今日は縄を手に入れたんです!縄を手に入れると、野生の馬を捕まえたり、悪い奴を生きたまま捕まえる事ができるようになるんです!縄最高!っていうか、最初から使わせてくださいよー!という気もしますが、まぁ良かった良かった!というわけで、これで賞金首を生きたまま捕らえる事ができるようになったので、早速挑みますが、賞金首の足を狙って撃ち、縄を使って縛り上げます!そして担いで馬にのせて・・・と思ったら、賞金首の仲間が登場!奴らはボクを狙って攻撃してきますが、担いでる賞金首に弾が当たって賞金首死亡!うおおお、なんてこった!同士討ちじゃん!ていうか、オレの賞金返せ!なんか、このゲームがすごいと思うのは、後日談がほとんど無いんです!普通、クエストをクリアすると、「色々してくれてありがとう、これはお礼だよ」的な挨拶と共にお礼のお金やらアイテムをくれたりするもんですが、このゲームったら、なーんにも無いんです!しかも現地解散!「は?あんたのために、はるばる隣町まで来てやったのに、ここで帰れってか!?せめて送っていってくれよ!」みたいな気持ちになるんです!とか言いつつも、口笛ふけばすぐに愛馬が来てくれるので困らないんだけどね。
愛馬と言えば、道端で「助けてー」なんて言ってる人を助けてあげようと思って近づくと、そいつはボクの愛馬を狙ってたりするんです!ボクが馬からおりた途端、馬に乗ってトンズラしようとしやがるんです!でも、焦らず慌てず、口笛をいっぱつ吹いてやると、馬から振り落とされちまいます!がはは!どうしてやろうか!縄でくくったまま、馬で引きずり回してやろうか!それとも一思いに殺してやろうか!・・・とか思いつつも、町の近くだったので保安官のところまで連れて行きますが、保安官たら何にもしないんです!このまま縄をほどいたら逃げちゃうし、なんかムカついたままだから、町の外まで出るのを待ってから射殺です!やっぱりワイルドな世界だわ。
でも、本気で「助けてー」なんて言ってる人もいるんです!今日は馬車を丸ごと取られちゃった女性のために、取り返してあげたのですが、な、なんと、ボクの目の前でコヨーテに襲われて死亡!うおおお、本当に1秒くらいの差だったぜーっ!コヨーテあなどれん!賞金首のアジトに忍び足で進んでいる途中でコヨーテの大群に襲われて死んだときも…

今までにないほど、ワイルドなゲームです

イメージ
最近は、DSiのゲームをプレイしております!「邪聖剣ネクロマンサー リボーン」でございます!DSウェアだぜーっ!あの「邪聖剣ネクロマンサー」の続編なんだぜーっ!前作同様、敵をやっつけると、ビシャーッと血が噴き出て死ぬんです!同じなのは同じなのですが、前作よりも格段に派手でカッチョいい!「ウィザードリィ6」で敵をやっつけると、バーン!と破裂して気持よかったのですが、それに通じる気持よさでございます!でも、前作同様、物語はほとんど無くて、戦ってお金貯めて装備品を揃えてイベントに挑み(ていうか、ボスに挑み)、次の街に進んだら装備品が高くて買えないから、やっぱり街の周りで戦ってお金貯めて装備品を整えて・・・みたいな感じなんです!ハッキリ言って、「しょーもないねー」という感じなのですが、あのビシャーッが気持ちよくて、妙にプレイしちゃうんです!
ま、それはともかくね、「レッド・デッド・リデンプション」ですよ!「ドラゴンエイジ」が終わるまでは他のゲームは我慢、と思ってたけれど、いい加減我慢できなくなったよ!辛抱たまらんですよ!というわけで、早速プレイを開始しますが、グラフィックがとてもイイ!外に出ると、思わず「うあー、今日は日差しが強いなー!」みたいな感じなんです!日差しの強さや、気温が伝わってくるグラフィックでございます!基本的に「GTA4」と同じシステムでございますが、非常に不便なアナログさがとても良いです!街から街へは馬で移動しますが、馬の体力を考えずにビシビシ鞭でひっぱたいてスピード上げてると「殺す気か、ぼけ!」として振り落とされちゃったりするんです!あぁん、もっとスピード出して、急いで移動したいのに!もっと頑張れよ、馬!
あと、街の中で、銃を撃ちまくりながら移動している奴らがいたので、てっきり攻撃されているのかと思って反撃したところ、すぐ横にいた保安官に撃ち殺されたりしましたよ!うおおお、あいつらはただ騒いでるだけでしたか!また、奥さんがハーブを取りに行ったっきり戻ってこないので見つけてきて!と言われて、行ってみたら野生動物の餌食になっちゃってたりするんです!この、自由でワイルドな世界に適用するには、もう少し時間がかかりそうです。

バルサス暗殺の旅

イメージ
いやー、今週は疲れた!疲れたっていうか、ちかりた!そんな感じだったので、ゲームといったら例によってiPhoneなゲームしかプレイしていないんです!最近熱烈プレイしているのは「タッチ・ザ・ナンバーズ」です!ランダムな順番に並べられて表示される、1から25までの数字が順番通りにタップしていき、25がタップされるまでの時間を競うゲームなんです!すげえ単純!なんだけど、すげえ燃える!現在、ボクのハイスコアは10秒!なかなか10秒が破れないんです!自分自身の壁なんです!ワールドレコードを見ると2秒ってんだけど、とてもじゃないけど太刀打ちできない感じでございます。
後は「ソーサラー」でございます!「ソーサリー!」じゃなくて「ソーサラー」でございます。「ウィザードリィ」のパクリゲームでございますが、パクリっぷりが非常にレベル高いので、楽しくプレイしてしまいます。いかにも手描きなグラフィックも妙な味があってとても良いのでございます。物語とかイベントとかが無くて非常にシンプルなのが、逆に疲れた体には心地よいんですよおおお!
ゲームブックもプレイしまくりますよ!「バルサスの要塞」が登場したよ!なつかしー!今日のスクリーンショットである、ゴブリンの子供たちがいる部屋とか、顔だけの幽霊とか、印象深いイベントが多くて好きなんだよね。なぜか「盗賊都市」と勘違いしたままプレイして、すげえ混乱してしまいました。鍵に数字が書いてあって、「鍵に書いてある数字のパラグラフを開きたまえ(この扉に合った鍵を持ってたら先に進めるよ)」的な事を言われて「はー、うまいこと考えるなあ」なんて思ったのもこのゲームだったような気がします。突然ですが、iPhoneってゲームブックにすごく合ってるような気がします!大画面を使って「文字を読め」って言われると「手抜きすんな!絵で語れや!」って思っちゃうけれど、iPhoneくらいの画面なら全然気にならないし、サイコロ振ってる感じも出て、とてもステキなんです!「ファイティングファンタジー」シリーズと「ソーサリー!」シリーズは違う会社が作っているみたいなんだけど、「ファイティングファンタジー」シリーズを作ってる会社の方が手慣れてる感じがします。なんつったって「ソーサリー!」はサイコロ振るシーンがムービーな時点で萎えるね。

いやーん移植

イメージ
昨日、寝る前にボケーッとiTunesストアを見ていたら、「ストライカーズ1945」の文字が!「エスプガルーダ」の出来を期待しつつ、早速購入し、爆烈プレイいたしましたが、あまりの出来にガックリでございます!
いつも処理落ちしてるというか、タイマーが不安定な感じだし、それが原因なのか、操作性も最悪ですよおおお!
そんな感じの帰りの電車の中です。




ソーサリー!のビックリマークは重要です

イメージ
iPhone用「ソーサリー!」が出たよ!ボクなんか、1000回はクリアしたからね!一発クリアしちゃうんですよ!・・・と思ったらクリアできない!忘れてる!この呪文なんだっけ?みたいな感じです!爺さん魔法使いって案外こんな感じなんじゃないかなぁ。「指輪物語」のガンダルフが魔法を使わずに棒で殴りに行くのも、意外と魔法忘れちゃってるけど、みんなにバレたくないからだったりして。スクリーンショットは最初に出てくる物見戦士。色づかいが良くないなぁ。

なんか熱っぽいので、今日はこれでおしまい。ちなみにiPadから更新のテストでございます。