投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

アトレイウス君無双

イメージ
「ゴッド・オブ・ウォー」で遊ぶんだぜー!湖を小舟で探検しておりますが、なんか「ゼルダの伝説 風のタクト」みたいです。湖の中にいる、4人の幽霊を成仏させるサブクエストをクリアしました!クレイトスさんは”クリアする気ゼロ”でしたが、アトレイウス君が「成仏させてあげようよー」とうるさいので、仕方なくクリアです。幽霊がお礼を言おうとしても「何も言わず成仏しろ。さっさと消えろ。」みたいな感じで面白いです。アトレイウス君は、ただ船に乗ってるだけなので退屈です。クレイトスさんは「なにかお話してよー」とせがまれて、いくつかお話をするのですが、伝えたかったこととは別の意味に捉えられて「そうじゃないって説明するのが面倒くせえな」とイライラしたり、先回りして落ちを言われちゃったり、せっかく色々お話してあげてるのに報われない感じなのがステキです。アトレイウス君:あっ、ちちうえ!あのでっかい蛇ですよ!今からでも遅くはないので、襲いかかりませんか!?クレイトス:そんなことはしない。(って言い放った途端、向こう向いてやがる…)アトレイウス君:ちちうえ!中ボスです!見せてください!例の!例のやつをお見せください!クレイトス:なんだ、例のやつって…。アトレイウス君:それです!ちちうえ、残酷な!できるだけ残酷な技でやっつけて!そう!そう!その調子!それですよ、ちちうえ!クレイトス:我が子は、危険な道をダッシュで邁進している。このままでは、ただのケダモノになってしまう。そうだ、洋服を買ってあげることにしよう。暖かくて機能性なやつを。もっと子供っぽい色使いの服が良かったが、仕方ない。おい、ドワーフ、これをくれ。アトレイウス:今まで着てた服は、ははうえが縫ってくれた服だったのに!ちちうえのばかー!クレイトス:子育ては難しいものだ…。クレイトス:おっ、別のドワーフがいた。おいドワーフ、子供服はあるか?できるだけ子供っぽいやつだ。クレイトス:…ないのか。では、この斧を鍛えろ。タダでな。ドワーフから「やられても、一度だけアトレイウス君が助けに来てくれる」というアイテムを買ったのですが、やられた頃にはそんなアイテムを買ってたことを忘れてたんです!ていうか、比較的買った直後にやられたのですが、忘れてたんです!老化なんです!やられたクレイトスさんの横にボタンアイコンが表示されてたのに、少し経ってから気づいたワタクシで…

今日は10キロ以上歩いたよ

イメージ
まだ途中だった「ブラッドボーン」もしつこくプレイしてるんです!この前購入したプレイステーション4プロで再開したので、再開できず、最初っからなんだぜー!ま、いっかー。もうね、敵の位置とか覚えちゃってますから。楽勝っすよ、楽勝。ガンガン進むよ。人影を見つけたら問答無用で攻撃しちゃってたあの頃のボクとは違うんですよ。NPCにはちゃんと挨拶するんです。以前は敵だと思って攻撃してえらい目に合ったもんなあ。一度攻撃したら、死んで復活しても敵対状態だったし。「もう許してー!」とか「ごめんなさいってばー!」って叫んじゃったよ(遠い目をしながら)。たすけてー、ものすごく向こうの方に見えてるでっかい玉に、これから火がついて、こちらに転がってくるんだよー!くすくす。さあガスコイン神父が登場だよ!さあて、サクッと殺られて、誰かの手を借りるとしますかね。(他力本願のくせに余裕しゃくしゃく)うわわわわ、勝ったー!この前勝った時は他のプレイヤーの方に助けてもらったので、はじめて勝ったんだよ!すごい!しかも1000回しか殺られずに勝てた!気が付かないうちに、うまくなってるんですねえ。腐女子の方に大人気のアルフレートさん(知らないけど)。いよっ、今日もハンサムだね!中途半端に覚えていると、探索がおそそかになりがちなのがイヤンな感じです。つい最短ルートを通っちゃうんだよね。いつもこのボスが、ボスとの初遭遇なはずなのに、今回は何処に行ったら会えるのか忘れちゃってて、すごく探しちゃいました。ガスコイン神父に勝てたワタクシが、お前様に負けるはずがないんですよ。初回撃破だぜー!うおおお、すげえ!この女の子が気の毒すぎて、このエピソードはあんまり好きじゃないんだけど、途中だったプレイではこのようにしてたので、今回もなぞってみました。この女の子、教会でみんなと一緒にいたらいいのに。高い所からバリバリ撃ってくるヤツがいるステージまで進んだぜー!このステージのボスにも苦労したんだよなあ。1万回くらい殺られたくらいで倒せたらいいなあ。「ブラッドボーン」は、プレイステーション4でもプレイステーション4プロでも、ロード時間が早くなった気はしないね。プロの利点がイマイチよく分かってないけど、そんなもんかね。

アトレイウス君がかわいい

イメージ
へーい、「ゴッド・オブ・ウォー」だよ!青い小さな人と出会って、買い物が出来るようになりました!きゃほー!もっと見晴らしの良いところに家を建てたいな…。え?家は売ってないの?そっちは不動産?君は…しいて言うなら雑貨屋さん?ああそうなの。防御力が高くなる鎧と、攻撃力が高くなる鎧を売ってたので、防御力が高くなる鎧を買ってみました!クレイトスさんが暖かそうな出で立ちになりましたが、クレイトスさんっぽさが失われた感じがするので、攻撃力が高くなる鎧も買って、そちらを装備させました。ていうか、防御力が高くなる鎧って当たり前だよね。鎧だもん。攻撃力が高くなる鎧ってのがヘンテコだよ!ぎゃはは!(そんなに笑うほど面白くないや)うわーボスだー!すでに7万回やられて、これが7万1回めのチャレンジだけれど、クレイトスさんは常勝無敗だから、今までのはノーカンだ。大丈夫大丈夫。誰にもバレてない。おらー!やっつけた時は必要以上に残酷な方法で殺すぜー!アトレイウス君:ちちうえ!ボクもなにか生き物を残酷な方法で殺したい!クレイトス:アトレイウス、殺すのが目的なのがヤバイし、残酷な方法を希望しているのもヤバイぞ。(的確な指摘)クレイトス:あそこにイノシシがいるから、弓矢でやっつけてみよ。アトレイウス君:わかった!あのイノシシの眼球を弓矢で貫いてみせるよ!その後は、ちちうえのように、悶え苦しむイノシシを、できるだけ残酷に、やつの苦しむ顔を楽しんで見ながら殺すね!クレイトス:いや、私はそんなことはしなし、その必要はない。ただ弓矢のスキルアップとしてイノシシを仕留めよ。(簡潔な切り返し)アトレイウス君:ちちうえが「殺れ」って言ったイノシシは希少生物だったんだ!ちちうえが悪いんだ!ボクはやれっていわれたからやったんだ!ちちうえが悪いんだ!クレイトス:森の魔女に、そうビビるな。彼女は弓を射ったお前を叱ったりはしない。(冷静な指摘)アトレイウス君:あのね、魔女さん、ボクはイノシシを射るのは嫌だったんだよ?力の限り抵抗したんだ。でもちちうえが…。クレイトス:…息子の魂は汚れてしまっているのかもしれない(冷静な分析)アトレイウス君:…ちちうえ、ボクに薬草を採ってこいって言った後、森の魔女となにか話してる。なにかおかしいぞ。森の魔女だって、薬草が見つからなかったら作業が進まないはずだから、一緒に薬草を採った方が絶対に効…

怒ってないクレイトスさんは新鮮!

イメージ
福岡に引っ越し来てからというもの(福岡に引っ越したんですよ)、日々の生活に追われたり、福岡に来た途端、身内に不幸があったり、色々忙しくてゲームらしいゲームを全然遊んでいないんです!「デッド・オア・アライブ:エクストリームビーナス」に手を出して、むふふな気持ちになりつつも、なんかものすごく恥ずかしい気持ちになって速攻でアンインストールしてみたり…「ユーロトラックシミュレーター2」にモッドを導入し、グラフィックをゴージャスな感じにして、のんびりドライブの旅に出てみたり、ちびちびゲームをプレイしていたのですが…ようやくちゃんとゲームで遊ぶ体制が整いましたよ!うおおお!むーん、この変な手のマークがついた木でも切るか!連打でパワーを貯めてー!ベストなタイミングでパッカーン!さあさあ、この動作を65535回繰り返すぜー!危ないぞー!木が倒れるぞー!ステージに生えてる全ての木を切り倒したらステージクリアだ!イノシシにぶつかったり、鳥のフンにぶつかるとワンミスだ!それらを避けながら頑張ろう!切り倒した木は自分でかついで持っていこう!
「木こりの与作 2」
いやいやいや、「木こりの与作2」じゃなくて「ゴッド・オブ・ウォー」だったぜーっ!ていうかさ、最近のゲームってナンバリングしないの?今作はリメイクじゃないんだからさ、せめてサブタイトルつけてくれないと、ただ単に「ゴッド・オブ・ウォー」と言ったって、最新作のことなのか第一作目のことなのか、よくわからないよね。そんなことないの?ま、いっかー。今作ではクレイトスさんの奥さんが亡くなっっていて、残された息子であるアトレウス君と共に冒険に出ることになります。息子に色々なことを仕込みながらの旅になるわけなんですよ。あれ、前作までのクレイトスさんって、奥さんと娘さんを殺されて、その復讐の旅じゃなかったっけ?もうだいぶ前のことだからほとんど覚えてないんだけど、再婚してたのかな?ま、いっかー。(細かいことは気にしないタイプ)このアトレウス君がね、子供ならではの積極性と無鉄砲さを発揮してくれちゃうんです!「まだ待て」って言ってるのに行くし、「弓を射るな」って言ってるのに射るし、「触るな」って言ってるのに触るんですよ!「ああん、だから言ったじゃん!」みたいな感じ!まだ開かない扉が登場して、開かないのが分かってるクレイトスさんが扉を調べてたら「その扉はまだ開…