投稿

デトロイトおもろいど(ゲーム違う)

イメージ
「デトロイト」をプレイすっぞ!アンドロイドのリーダーとなったマーカスくんはノースさんと仲良くなります。ノースさんはかなり過激な性格で、マーカスくんが平和的な選択肢を選ぶとガッカリします。2人は愛し合っているけれど、アンドロイド同士なのでセックスしません。彼らは手を合わせてお互いのメモリーを受け入れ合います(なんだかよく分からないや)。人間の見よう見まねなのか、キスはしちゃったりしますが、彼らとしてはあんまり意味はないのかもしれません。手を合わせるだけで手軽なもんだから、どこでも愛し合っちゃうんです。どこでもお構いなしです。周りに誰がいようが、本当にお構いなしです。ある意味変態ね。というわけでクリアしました!ボクの選択は非常にまずかったらしく、コナーさんもカーラちゃんも死なせてしまいました。このゲームでは、全世界のプレイヤーの選択肢が%で閲覧できるのですが、コナーさんを死なせてしまったプレイヤーも、カーラちゃんも死なせてしまったプレイヤーも、どちらも1%でした。ひょっとして2人とも死なせてしまったプレイヤーは全世界でボク1人なのではないでしょうか。とほほ。「デトロイト」はとても面白かったです!アクションシーンはQTE三昧なのがアレですが、完全にアンドロイド目線な物語が面白かったですし、プレイ中に色々考えさせられました。マーカスくんは生きてたので、最終的には希望を持てるエンディングを迎えられて大満足というか中満足くらいなのですが、チャプターをさかのぼってプレイできるので、コナーさんもカーラちゃんも生きてるルートも見て、大満足したいと思います。【特別ふろく:気まぐれクロエちゃん】クロエちゃん:私達ってもうすっかり友達ですよねー?ボク:うん、そうだよ!クロエちゃん:…ボク:(あれ…選択肢間違えた?)

プレイ中、いつのまにか3時間くらい昼寝しちゃってました

イメージ
コナー:私は真面目だけが取り柄です。真面目さのパラメータがカンスト状態なので、最近は”頑固”とまで言われ始めており、もう少しうまく肩の力を抜かなければ、と感じております。(なにこれ、面接?)セクシー女性:うふーん、そこのお兄さん、よってかなーい?コナー:あっ、ちょっ…あははは、2人を一度に対応するのは忙しいなあ、こりゃ。仕事中だけど、まあいいか。あはははは。さあ頑張っちゃうぞ。コナー:どれどれ、君たちの味も確かめちゃうぞ。あはははは。コナーの上司:あなたはちっとも真面目じゃない。パラメータ的には”スケベ”とか”変態”の方がカンスト状態のような気がするわ。私としたことが、結論があとになったわ、ごめんなさい。あなたはクビよ。カーラちゃん:仕事中に、いかがわしいところで遊んでたら、そりゃそうよね。あははははは。マーカスくん:コナー先輩がすっげえ楽勝な会社って言ってたんで、コナー先輩の会社に転職するっす!これでオレもウハウハっす!カーラちゃん:コナー先輩クビになってるし!この人もバカなのね、あははははは。というわけで「デトロイト」でございます!短いけど濃厚なエピソードがガンガン続いていくので止め時が難しいよ!アンドロイドは人間と接することで人間の感情を学んでいくかもしれないけど、このゲームのようにまで進化できるものだろうか?と思いながら遊んでおります。ボクは、人間の感情はアンドロイドには理解できず、ただ単に人間の感情と思われる表現をトレースしているだけで、アンドロイドはどこまで行ってもプログラムの集合体に過ぎないと思っているのですが、この考えが劇中に登場する人間たちのアンドロイドへの差別の根底にあるものなのだろうか?でも、人間をプログラム化できるのなら、この考えも間違っているのでは?とか、色々思いながら遊んでおります。「デトロイト」は面白いなあ。

まだ序盤だから大丈夫。ネタバレしていない。

イメージ
いやー蒸し暑いね!こんな日はおとなしく家で「デトロイト」をプレイするんですよおおお!つまり、こんな日はむしろ「デトロイト」日和なんですよおおお!カーラさんのエピソードから再開です!予想通りお父さんがご乱心状態となり、娘さんに手を上げてしまいます。カーラさんは自身のプログラムに反抗し、お父さんから娘さんを救い出し、娘さんと一緒に逃亡生活を送ることになります。アンドロイドのシンボルといえば右のこめかみにあるマーカーです。マーカーはアンドロイドのステータスが表示されたりして結構重要な役割を果たすんだけど、ハサミとかナイフでクイッとやったらすぐ取れちゃうんだよね。人間そっくりに作ってから、あとでペタッと貼ってるのかな。マーカスくんは、やっぱりご主人様の息子さんといざこざが起き、そのせいでご主人様がお亡くなりになりました。濡れ衣を着せられたマーカスくんはひどい目にあいますが、周りに捨てられていたたくさんのアンドロイドの部品をつぎはぎして助かります。アンドロイドの皆さんは”プラスティックの塊”とか悪口を言われたりしてましたが、プラモデルみたいだからなのかな。動かなくなったアンドロイドの部品を引っこ抜いて自分に差し込んだら、それでOKなんだもんね。実はちょー軽かったりしてマーカスくんは”はぐれアンドロイド”の集団に合流しただけでなく、彼らの信頼を得てリーダー的な存在となります。なんかこの展開も嫌な予感しかしないなあ。コナーさんは、今の所は唯一”変異体”ではない存在です。でも、人間に背いて”変異体”となったアンドロイドたちを毎日追いかけ回したり尋問したりしてるし……パートナーであるアンダーソン警部補との友情が育まれちゃったりしています。そうこうしているうちに、彼もまた”変異体”になっちゃうのかな。ていうか、コナーさんも変異体になってくれないと、カーラさんやマーカスくんを捕まえたり尋問したりすることになっちゃうから、そんなシーンは見たくないなあ。そういえば、カーラさんとコナーさんは一瞬だけ出会いました。カーラさんのアクションを成功させたのでコナーさんから逃げ延びることができましたが、あそこで失敗してたらカーラさんのエピソードはそこでおしまいだったのかなあ。ちなみにボクは「ヘビーレイン」の時に、FBI捜査官のアクションをことごとく失敗して死亡させててしまい、主人公が1人欠けたままクリ…

全員すごく不幸になりそうで怖い

イメージ
「デトロイト」というゲームを買ってみましたよ!「ヘビーレイン」を作ったメーカーのアドベンチャーゲームなんだね!どおりで、操作方法がちょいちょいヘンテコなわけだ!プレイステーション4のタッチパネルなんて久しぶりに使ったよ!しかも床にモップをかけるのにタッチパネルをゴシゴシこすったよ。まあそれはともかく、ゲームを起動すると上のスクリーンショットの女性が登場して、ゲームの設定をお世話してくれるけれど、彼女はとても美人さんでした。スクリーンショットで見ると”肉体派”という感じだけど、動いてるとそうでもなくて素敵な感じです。1人目の主人公であるコナーさん。のっぺりしたバル・キルマーというか、ミスチルのボーカルの人みたいな感じの佇まいです。あと、基本的に無表情なので、なんとなく映画「ヒドゥン」のカイル・マクラクランみたいな雰囲気もあります。コナーさんはアンドロイドな捜査官ですが、事件現場で液体や粉末なものを見つけると、すぐに舐めて分析するところが素敵です。買い替えを検討されて大きなショックを受けたアンドロイドが、自分が仕えていた家族に乱暴した!コナーさんは犯人アンドロイドの説得に成功しますが、憐れな犯人アンドロイドはその場で射殺されてしまいます。この世界ではアンドロイドが差別を受けており、扱いが本当にひどくて気の毒です。2人目の主人公はカーラちゃん。カーラちゃんはメイドなアンドロイドなので家事全般を担当しますが、どうやらソファでふんぞり返っているお父さんに暴力を受け、リペアされて戻ってきたばかり(本人はその時にこっぴどく破壊されたのでリペア時にすべての記憶を失っている)。自分が無職で何も誇れることがないのを気にして、娘に八つ当たりしてしまうお父さん。以前は、さすがに娘に暴力振るうわけにはいかないからアンドロイドに向いちゃったんでしょうね。カーラちゃんのエピソードが、これからキツイ話になりそうだなあ。ちなみに借金だらけでアンドロイドなんかリペアしている場合じゃないです。3人目の主人公はマーカスくん。彼の物語は、ご主人様の買い物を済ませて家に戻るところから始まりますが、上のスクリーンショットはバス停がどこかよくわからなくて適当に歩いてたら「こっちじゃない」って怒られてるところ。マーカスくんのご主人様は有名な芸術家らしく、3人の中では一番人間らしい扱いをしてもらってる感じ。でも、ご…

4回めは勘弁して

イメージ
さあさあ「シャイニング・フォース」だぜー!スチームのワークショップ見てたら日本語化MODがあったよ!うひょー、このムカつく女の子が日本語を話し始めてムカつき度が倍増だ!(この女の子がムカつくのはボクだけ?)いやー、みんな日本語を話すようになってくれて本当に助かるよ。セーブデータに互換性がないから最初っからになっちゃったけど、まだ序盤だからやり直すよ!このミステリアスな女性の、直球ど真ん中な煽りセリフも日本語だよ!いいよいいよー?さあ教会でセーブして、続きは明日だ!そして夜が明けた!(ドラクエ風に)なっ、な ん だ と …セ ー ブ さ れ て い な い、 だ と …日本語化MODを入れると教会でセーブできないし、ゲームメニューからのセーブもできなくなっちゃうみたいだぜー!頼みの綱はクイックセーブのみだ!そしてクイックセーブなんて全然してなかったんだ!なんてこった!というわけで、またしても最初からプレイするけれど、このゲームには早送り機能があったんです!イベントシーンや戦闘のアニメーシーンはガンガン飛ばすぜー!どりゃあ!進んでたところまで戻ってきたよ!序盤だけでいきなり3回もプレイしちゃって、早くもお腹いっぱいだよ。まあゆっくり、今後はクイックセーブをしまくってプレイして参りたいと思います。【特別付録:「どけっ!」ってやられる主人公】モンクのゴングさんが仲間になるときに突き飛ばされるよ。戦士のゴートさんが仲間になるときも突き飛ばされるよ。あと、アルタローンでも、王様に「私についてきなさい!」って言われながら突き飛ばされるよ。突き飛ばされたあと、ちょっと寂しそう。大変ね、主人公。がんば!(死語)

まじで腕がだるい

イメージ
スチームでジェネシスのゲームが98円だというから、いくつか買ってみたんですよ!本当は「エイリアンソルジャー」をプレイして、ガンガンボスを倒しまくってるところを披露したいところですが、ガンガン殺されるところばっかりになっちゃったので「シャイニング・フォース」だぜー!うっ、ううむ、英語か…。手軽に遊びたかったんだけど、英語か。読むのめんどくさいなあ。むむう、英語だからわからないと思って皮肉を言ってやがる。一発食らわせてやろうか。むむう、英語だからわからないと思って支度金を100コインしかくれないぞ。王様め、なんてせこいんだ。10000コインくらいくれたら、いっきに精鋭を揃えちゃうのに。むむう、犬まで英語をしゃべりやがるよ。この世界には日本語を話せる犬はいないのか!当時、この「シャイニング・フォース」の戦闘シーンを見たときに、キャラクターでかい!アニメする!みたいな感じで驚いたんだよなあ。でも「ファイアーエムブレム」に慣れてたワタクシとしては、攻撃されたほうが反撃しないのに違和感があって、結局序盤早々にやめちゃいました。今回はぜひクリアしたいぜー!うおおおっ!初戦で敗退だぜー!主人公を突っ込ませすぎた!くそう!でも大丈夫。このスチーム版は”どこでもセーブ”があるので…って死ぬ直前でクイックセーブしてる!ロードしても主人公がやられるところを見るだけだぜー!むひょー!Youtubeのプレイムービーを見たら面白そうだったので「ビートセイバー(Beat Saber)」を買ってみました!ライトセーバーとなったコントローラーを振り回して、向こうから飛んでくるブロックを叩き切るんだよ!以前、飛んでくるブロックをパンチする「ボックスVR」というアクションゲームをよく遊んだけれど、音楽と飛んでくるブロックがシンクロしてない時があって、ちょっと雑な印象があったんだよね。こちらの「ビートセイバー」は音楽とブロックが完璧にシンクロしているので、うまくプレイできるとブロックを切ったときの音がリズムを刻むような感じになってとても気持ちいいです。30分くらいプレイしただけなのに汗だくになったし、両腕がだるいです。いやーん、楽しく遊んでるだけなのに健康になっちゃうー!