2007年10月29日月曜日

素晴らしい本ですが、ヘンな形なのでしまう所に難儀します。

奥さんにWiiなソフト「宝島Z」を買っていただきました!ありがとうございます!このゲーム、どこかで「ゼルダ」のアクションパートが無いゲームのようだ、と紹介されていたので「おおー、そりゃあ面白そうジャン!」と思って購入したのだけれど、プレイしてみると、ちょっと違和感アリ!ゼルダというよりも・・・そうだ!全世界で大ヒットを飛ばさなかった「ネイバーズ・フロム・ヘル(Neighbors From Hell)」に似てると思います!主人公は海賊一味な少年なのだけれど、ひょんな事から、伝説の大海賊の骨を発見してしまいます!骨は世界にバラバラになっているので、骨を全部集めてあげる代わりに、彼が乗っていた伝説の船を手に入れる事が目的なんです!各ステージには宝箱が一つ置かれていて、これを開けたらステージクリアなのだけれど、原住民が守っていたり、通り道がとても危険だったりするので、どうにかして安全なまま骨をゲットしないといけないんです!たとえば、暗い箇所に何かありそうなのだけれど、あまりに暗すぎて良く見えません。よく見えないからたいまつで火を灯したいのだけれど、風を送り出す石像があって、火を消されちゃう!石像から出る風をどうにかして止めて、明かりを暗いところへ持っていかなくちゃ・・・みたいな感じなんです!手に入るアイテムを知恵と知識をフル動員して謎をクリアしながら進んでいくゲームなんです!Wiiだけに、ゲームの世界は少年ジャンプな感じだけど、さすがはカプコン!大変丁寧に、面白く作ってあるぜーっ!最近、Wiiで何も遊んでないなぁ、なんて人は「マリオギャラクシー」と一緒にこれを買ったらいいんです!

Xbox360の「トゥームレイダーレジェンド日本語版」が安く売られていたので思わず買っちゃいました!懐かしいなぁ、なんて思いながらプレイして、最初のステージをクリアしたのでセーブしたら、英語版でプレイしていたセーブデータが変な風に吹っ飛んだよ!(カットシーンだけは全部見られる)きゃほー!こりゃあ最後までプレイするしかないぜーっ!(ポジティブシンキング)

さあそういうわけで「スターウォーズヴォールト」だよ!この本は素晴らしいです!いわゆる資料本なのだけれど、お宝ばっかり載せて「どうですかー?うひひ」という本ではなくて、当時の熱気を知らせてくれる(または、蘇らせてくれる)本なんです!説明文と共に、その説明とリンクした資料(のレプリカ)が入っているのが本当に素晴らしいんです!なんだか「スターウォーズ博物館」みたいなところに出かけていて、ガイドさんの説明を聞きながら展示品を見てるような気持ちになってくるんです!こりゃあアイディア賞な本ですよおおお!お値段はお高いけれど、ハッキリ言って購入予定のゲームを2~3本あきらめてでも(先延ばしにしても)購入する価値があります!(きっぱり)少年マガジンで連載されていた漫画の復刻版がついてくる、初回版を是非購入しましょう!絶対だ!約束だ!

「装甲騎兵ボトムズ ペールゼンファイルズ」も観ました!メカがCGなんですよおおお!いきなりノルマンディな感じで始まりますが、なんかスコープドッグってノロくせえ!確かに”重さ”は感じたのだけれど、ドシン、ドシンなんてノロノロ歩いてるから敵にやられちゃうんです!これなら歩兵が進軍したほうがいいんじゃない?って思ってしまいました(スコープドッグに乗ってるから的がデカくてやられちゃってるような感じ)。2話ともキリコが重傷のままで全然活躍しなかったので、次の巻に期待です。
リアクション:

0 コメント: