2014年12月30日火曜日

反省文

1230-0

わたくし、合田典弘は、”匠の家”ていうか”おもしろ建築”ていうか、まあそんな感じの家を建築中に、家の周りにお堀を作り、溶岩を流しました。村の中に松明を設置しまくるのは好きではありませんでしたので、溶岩を流すことで松明を設置せずに村が明るくなるのと、”匠の家”ていうか”おもしろ建築”が達成できる、という思いから、ナイスアイディア!なんつって自画自賛したものです。

村の人々が誤って落ちてしまっては危険だと思い、柵を設けました。安全管理についても抜かりなし、なんつって、これまた自画自賛しておりましたが、そのまま2階の作成にとりかかった所、周りが妙に明るいことに気づきました。

 

 

1230-1

もっ、燃えとる!

隣の家が燃えとる!

それはもう、燃えとる!

めちゃくちゃ燃えとる!

 

 

まず、溶岩の脇に設置した木の柵が燃え、その火が隣の家に燃え移ったのです。そしてその隣の家とは、私の愛妻が苦心して建てたウッディなオシャレハウスだったのです。

 

 

1230-2

 

 

夜通し燃え、ようやく鎮火した際には、愛妻のウッディなオシャレハウスは見るも無残な姿に変わり果てておりました。

このたびは、私の不注意から大変な損失を与えてしまい、誠に申し訳ございませんでした。心からお詫び申し上げます。ウッディなオシャレハウスの大部分は失われてしまいましたが、幸いにも全損は免れました。私は、これから全力でシャレオツなウッディハウスの修復に望んでまいります。あれ、ウッディなオシャレハウスでしたでしょうか。いえ、大丈夫です。私にお任せください。まず、私の”匠の家”ていうか”おもしろ建築”は、もう少しで完成いたしますので、その作業が完了次第、ただちに修復作業にとりかかる所存でございます。このたびは本当に申し訳ございませんでした。あらためてお詫び申し上げます。イーシャンテンな感じがするくらいの、微妙に年末な本日ですが、良いお年をお迎えください。

リアクション:

0 コメント: