久しぶりにPCケースを開けたらホコリだらけでした

0608-1

「ペーパー・ソーサラー(Paper Sorcerer)」をプレイするぜ!グラフィックがカッチョ良いなあ!「ヘルボーイ」のマイク・ミニョーラの絵みたいな、「幻霧ノ塔ト剣ノ掟」のグラフィックみたいというか、そんな感じの、シンプルで渋いグラフィックでございます。

FPSな操作方法でダンジョンを探索し、浮かんでる黒い霧と接触したら戦闘開始です。ランダムエンカウントじゃないのがイヤンな気もしますが、まあこれはこれで良いのかも。4人までのパーティで冒険しますが、「ウィザードリィ4」みたいに、こちらが悪い魔法使いなので、仲間はミノタウロスとかスケルトンとかバンパイアなどの、モンスターばっかりです。こちらが攻撃する時、味方キャラクターが敵キャラクターを攻撃するところが見えるのが中々ステキかも。

0608-2

…なんか見た目はすごく良さそうなんだけど、操作感覚とか、ユーザーインターフェイスな所がこなれてなくて、なんか引っかかるんだよなあ。プレイヤーが操作しやすいように色々工夫している様子は感じられるのだけれど、まだまだ不十分な感じ。物語とか演出とかも中途半端で、せっかくの不気味な雰囲気の見た目が活かされていないのが残念でございます。ココらへんは今プレイしている「ザ・ラスト・ドア」と正反対ね。つまらなくはないんだけど、無理してプレイする必要もないかな、という感じでしょうか。

0608-4

「ウルフェンシュタイン:ザ・ニューオーダー(Wolfenstein: The New Order)」を買っちまったんです!早速プレイしたいところですが、こういう時に限って、ボクのPCが大絶不調!DVD-ROMからのインストール中に「ウォッチドッグス」をプレイしてたらPCがフリーズしちゃったので、すかさず再起動し、今度はDVDからではなく、ダウンロードすることにしたよ!

「ウルフェンシュタイン」のダウンロード中、PCになるべく負荷をかけないように今度は「チャイルド・オブ・ライト」のプレイ開始です!

0608-3

3人目の仲間がパーティに加わりましたが、段々敵が強くなってきました!相手に攻撃をさせなかったり、相手の攻撃を最小限度に食らうようにしたり、工夫しないと苦戦するようになってきて楽しくなってきました!

このゲームは、なんか登場人物達の会話が噛み合ってないような、不思議な感じなのが面白いね。3人目の仲間であるフィンさんが妙に可愛らしくて好きです。

0608-5

「ウォッチドッグス」では、サブミッションばっかり極めてたらってそうじゃなくて、サブミッションばっかり遊んでたらスキルポイントが余りまくっちゃったので、仕方なくキャンペーンミッションを進めて、レベル2なスキルツリーが解法されることを祈るよ!

味方となる女性登場!うおおお不良娘だぜーっ!…でも、なんか美人過ぎるなあ。不良娘っていうよりも、若いころのジェニファー・コネリーみたいな”知的美少女”という感じなんだよね。不良娘を名乗るからには「マスエフェクト」に出てきたジャックみたいな、容姿ははじめから整ってたけど、色々な事を経験して鍛えられた内面が外見にも現れてキツイ顔になりました、みたいなのが…ってまあ美人だし味方だからいいか!細かい事は別にいいよな!うん、そうだよ、そうだ!美人最高!

「ウルフェンシュタイン」はダウンロードが完了したので早速プレイ開始しましたが、序盤でフリーズ!スチームにダウンロード済みファイルを検証してもらったら不良ファイルが幾つか見つかったので、再ダウンロード中でございます。結局、10分くらいしかプレイできなかったけど、最初から派手で面白そうね。

コメント