2013年6月30日日曜日

キャットレディっていうか、キャットウーマンになる、みたいなオチだったらどうしよう

0630-1

せっかく面白いゲームに出会ったというのに、肝心のプレイする時間がないというのは、一体どういう事なんだ!とか言ってる暇があったらゲームをプレイするんだぜーっ!
さあさあ「キャットレディ」だよ!チャプター2は、自殺未遂後に入れられた病院から脱出するお話だけど、ドクターとスーザンの会話を通してスーザンの心境が語られるチャプターでございました。非常に穏やかな章で、スーザンの心境が語られるというか、プレイヤーの選択によってスーザンの心境が決まる、みたいな感じなのが面白いです。スーザンの気持ちに近づいて選択肢を選ぶべきか、プレイヤーとしてのボク自身の気持ちで素直に選択肢を選ぶべきか、自分自身のスタンスが決められなくて、ちょっと中途半端な選択になっちゃいましたが、ゲームは進んだので良しとすることにしました。

とか言いながら、そして、穏やかなチャプターとか言っておきながら、最後に登場しましたよ、ショッキングシーンが!本当の女性を切り刻んで名画を立体的に再現だ!みたいな殺人鬼が登場!大丈夫かスーザン!生き延びる事ができるのかスーザン!

0630-3

まぁそんな感じで色々ありましたけれども、無事チャプター3に進めました。いやー、今後スーザンがどうなるのか、ちっとも分からなくて面白いなぁ。なんかアッサリ死んじゃいそうな気もするし、生きる希望を見つけたアタシってば明日から頑張るわ!みたいな感じもするしねー。

0630-4

あと、GOG.comの夏のセールで「ブレード・オブ・ダークネス(Blade of Darkness)」を買ったよ!当時、日本語版が出るって言われてたけど、結局出なかったゲームですよ!懐かしいなあ!このゲームはゴア描写だけでなく、演出が中々イイ感じのゲームなんだよね。スクリーンショットの場面は、壁に大きな影が写っていて「げっ、デカいモンスター登場!?」と思いきや、実は小さいゴブリンの影でしたー、みたいなシーン。安定動作させるには設定が面倒な感じだけど、ボクの環境ではOpenGLな環境にすると一番きれいで安定して動いているような印象です。

リアクション:

0 コメント: