2015年9月22日火曜日

「アシッド・レイン」のフィギュアが素晴らしすぎて困る


DSC08035
DSC08036

「アシッド・レイン」は、香港のメーカー、オリトイズ(Ori Toys)が発表したブランドで、第2次世界大戦が終わらなかったら?という世界が舞台になっております。その世界を総称して"アシッド・レイン・ワールド(acid rain world)"と呼んだりもしているみたいだ!

DSC08037

箱は非常に小さくて、iPhoneのケースくらいです。グイッと中箱を押し出して取り出します。

DSC08038

今回はバックスチームに所属するボブさんで、上記がパッケージに含まれる全てです。

 

DSC08039
DSC08040
DSC08041
DSC08042

いい面構えですねー。歴戦の勇者という感じです。
アシッドレインの物語は公式サイトで読めるみたいですが、ぜーんぜん読んでないので、彼がどういう活躍をするのか、ちっとも知りません(読めよ)。
オレンジ色に見えているのはマフラーで、これが色合い的にも非常に良いアクセントになっています。ボブさんのトレードマークなんですかね。

DSC08043

可動は非常に優秀で、膝には二重関節が仕込まれており、あぐらをかくことができちゃいます。手首の関節がちょっと特殊で、左手と右手で曲がる方向が決められています。

DSC08044

あぐらをかけちゃうボブさんですから、片膝立ちなんて楽勝です。

DSC08045

パッケージには「1/18のサイズの戦車などとからませて遊ぼう!」的なことが書いてありますが、1/18ってどんなサイズなのかよくわからないので、手持ちのフィギュアと比べてみました。ここでは「ミクロマン」のキリコとくらべてみましたが、すげえベストフィットしてますね。
(全然関係ないですが、キリコはずーっと同スケールのスコープドッグに乗せており、すげえ久しぶりに出したのですが、ゴム製の頭部が少し変色&ベタベタしていてビビりました)

DSC08049

銃を構えながら移動している感じで。
ボブさんは右利きなのか、右手で銃を持ちますが、右手の可動方向は"チョップ方向"です(変な表現ですが)。これがすげえいい感じで、銃を持ってる時がすげえキマリます。

DSC08050

敵から集中砲火を浴びちゃったので、物陰から銃だけだして、とりあえず応戦してる感じで。
ボブさんのシワクチャな顔というか、この表情が素敵なんですよねえ。

DSC08051

激戦の後でタバコを吸ってる感じで(心の目で画像を見るとタバコが見えます)。
左手の可動方向は"かめはめ波"方向です(これまた変な表現で分かりにくいですが)。ここでも右手の可動方向が"チョップ方向"なので、銃の重さを表現できたりするんですよー!かっくいー!

DSC08047

ミクロマンのキリコと同じサイズていうか、ボブさんの方が小さいくらいだというのなら、キリコが乗ってたスコープドッグにも乗れるはず!…と思いましたが、色々なところがゴツゴツしていて乗れませんでした。とほほー。

DSC08046

なら、さも今まで乗ってたかのように振る舞ってやろうか!どやー!
うはー、かっこいー!ボブさまー!(黄色い声)

DSC08048

スコープドッグを盾代わりにしつつ、スコープドッグの死角からやってくる敵をやっつけるボブ様!
うはー、かっこいー!ボブさまー!(黄色い声)

ちなみに、ミクロマンで出てた「メロウリンク」のサイドカーとからませてもイイ感じなんだろうなー!と思って探しましたが、どっかにしまいこんでしまったみたいで、遊べず!くー!

DSC08052

千値練社のS.A.F.S.ともイイ感じのサイズ感です!

DSC08054

S.A.F.S.パーンチ!(どんな状況だ)
「くっ、なかなかいいパンチ持ってるじゃねえか若造!」みたいな!(だから、どんな状況なんだ)

DSC08053

コックピットのフードをこじ開けて連射だ、ボブさん!(これもすげえ無理がある感じ…)
「これでも喰らいやがれ若造があ!」

DSC08058

ミクロマンサイズということは、ハスブロ社のG.I.ジョーとかとも同じくらいのサイズなんです!
G.I.ジョーに付属してたものかよく分からないけど、カッチョいい、デカイ銃を構えることも可能だ!

DSC08055

物陰からゾンビを撃つことも可能だ!
(ゾンビはfigmaのだからサイズ全然合ってないけど)

DSC08059

バイソンと戦ってアッパーカットを食らったりも可能だ!

DSC08060

長州にサソリ固めを決められて悶絶することも可能だ!
(背中しか見えてませんが、長州フィギュアがサソリ固めをかけています)

DSC08061

ヒーローの恩師役も可能だし、ヒーローの敵役だって可能だ!しかもかなりボス級だ!
(映画のクライマックス的なシーンにしてみました)

DSC08078

キリコの代わりにフィアナを見つけることも可能だ!

DSC08079

それどこか、フィアナの代わりに装置に入って、キリコにドッキリを仕掛けることだって可能だ!
「キリコの奴め、どんな顔をするか見ものだぜ…くすくす」的な!

DSC08062
DSC08063

画像がわかりづらくて恐縮ですが、ボブさんの腰には、デフォルトで大きなバッグがつけられてるけれど、小さなバッグに交換することも可能です。

DSC08064

また、首~顔部分は、普通の首+折りたたまれたフード+マフラー+ボブさんの頭で、構成されています。ボブさんの顔はマフラーもあったりするので、あまり動きません。

DSC08065

替えの顔が一つと、替えの顔に装着できるヘルメットが二つ付属しています。素敵ヘアースタイルが邪魔になっちゃうので、ボブさんにはヘルメットを被せることはできません。

DSC08068

普通の顔に右のヘルメットを被せてみました。

すると、なんということでしょう!

DSC08069

今まで歴戦の勇者的な雰囲気をプンプンさせていたフィギュアが、一転して雑魚キャラに変わってしまいました!

DSC08070

彼の撃つ弾は誰にも当たること無く(または当たっても攻撃力ゼロ)、ヒーローにやられたり、大きな爆発に巻き込まれて、画面の隅っこのほうでやられてるような姿しか浮かばなくなってしまいました!

DSC08071

このままではあまりにも不憫なので、慌ててヘルメットをもう一つの方に変更してみました。

すると、なんということでしょう!

なんかメカを整備しそうな感じだし、メカに乗って出撃しそうな気もします!

DSC08073

ボブさんは重装備ですが、それらを全て取り外すこともできます。上半身の装備とベルトを外してみました。(ヘルメットも外しています)

DSC08074


布製のシャツは頭からかぶせてあるだけなので、ヒョイッと簡単に脱がせられます。嬉しい仕様ですね。(なにが?)

DSC08075

さらにボブさんの顔を取り付けてみると、なんてことでしょう!(しつこい?)

DSC08076

リラックスしたボブさんに早変わりです!

DSC08077

いやー、素晴らしいフィギュアです!
フィギュア自体は満点の出来なのですが、ただ一つの難点は、そのお値段です!これ一体で5000円くらいするんです!くー!半額くらいなら、全部買い揃えちゃうのになー!

アシッド・レインなフィギュアが乗れるバイクやバギーなども発売されているだけでなく、それらはロボに変形しちゃうってんだから最高なシリーズなんです!もっと売れて、もっと価格が下がればなー!

というわけで、この記事を呼んだアナタ!
ボブさんじゃなくてもOKなので、とにかくアシッド・レインなフィギュアを買おう!
そしてアシッド・レインなフィギュアを安くするんだぜー!(ポジティブ・シンキング)

リアクション:

0 コメント: