強烈な日焼けに苦しむ

0920-0

いやー、ようやく夏休みをとってグアムに行ってきたんです!奥さんが珊瑚で足を切って何針も縫ったりするアクシデントがあったりもしたけれど、2日後には普通に泳いでいたりして、結構大丈夫だったんだ!ダメだったのはボクの方だよ!日焼けが強烈過ぎて、ほぼヤケドだったよ!3日間くらい背中が痛くて、本当に触れられるだけで、着てる服がこすれるだけで、激痛だったんです!痛風ってこんな感じなのかな、絶対にやだな、と思いましたよ!

ゲームとかフィギュアは、まあなんちゅうか、いたって「普通」でした!(まあいろいろ買ったんですけどね)旅行記は気が向いたら書くことにしますー。

0920-1

日本に帰ってきて早々にプレイしたのは、すげえ前に買ったままにしてあった「ハー・ストーリー(Her Story)」でございます!なんとなく落ち着いてプレイできそうだからいいかな、みたいな軽い気持ちで始めたのですが、すげえ面白かったんですよおおお!

このゲームはすごいですね!物語自体が曖昧というか、いろいろな解釈ができちゃうような隙があるというか、エンディングを見た後に「あのインタビューのアレって、ああいうことだよね」とか、「あのインタビューで言ってたアレってどういうこと?」みたいな感じで、誰かとこのゲームについて語り合いたくなるんですよおおお!

0920-2

プレイヤーはPCを操作して、サイモンさん失踪事件に関与していると思われる女性へのインタビュー動画を見続けます。本当に動画を見続けるだけなのですが、動画は検索されたワードを含んだもので、さらにどんなに件数がたくさんあっても5件しか表示されません。6件目以降の動画を見ることはできないので、複数の検索ワードを組み合わせて検索するなど、工夫する必要があります。
1本の動画は長くて2分くらいなので、英語を頑張って聞こう(字幕を読もう)、という気にさせてくれる長さです。

0920-3

動画から得られる情報は非常に断片的だし、場合によっては唐突に人の名前が登場したりするので、ボクはゲームをウィンドウ表示にして、Windowsの”メモ帳”を起動してメモをとりつつ、さらに手元にはiPhoneにインストールしてある英和辞典を起動させておいて、分からない単語を調べながらプレイしたぜー!そうしなくちゃ満足に楽しめないような面倒なゲームじゃなくて、それくらいしたくなるゲームなんだぜー!

0920-4

さて「ハー・ストーリー」の出来栄えに感心&感動したところで、お次は久しぶりに「オダラス」をプレイするぜー!そういえば鎧を手に入れたし、その他いろいろパワーアップしてたんだった!敵やトラップにボコボコにされているアタクシなのに、鎧のおかげで生きていられるんです!ありがとう鎧!

地上ルートで進めるステージの限界に達してしまったようなので、地下ルートの探索を始めるよ!地下ルートに進むには、まず地上ルートをプレイして、地下ルートへの入り口を見つけないといけないんだ!最初のステージの地下ルートを見つけたので入ってみたら、上のスクリーンショットの、変な気持ち悪い虫に追いかけられたよ!ダッシュできるアタクシは、チョー余裕で一回しかやられなかったよ!(余裕だけどやられたんだよ)

0920-5

なんかヒーローっぽい奴と遭遇だ!血みどろの戦いが繰り広げられるかと思いきや、「ボクのマークを沢山見つけてごらん。見つけた数だけ、ご褒美をあげるよ。」とか言いやがる!なんてナルシストな野郎なんだ!こちとら、そんなに暇じゃねえや!てめえなんぞ、ぶった切ってやろうか!

…と思いながら、必殺の愛想笑いをかましてやったぜ!どうだ!日本のサラリーマンの必殺技の威力は!

0920-6

もう結構進めたような気がするのに、まだ新しい敵がどんどん出てくるので、まだまだ楽しめそうな感じが嬉しいです。

コメント