あっけらかんとチョー残虐


バレンタインデーであり、結婚記念日を記念して、すげえ近場に小旅行に行ったのですが、その際にDSを持って行き、「ゼルダの伝説 大地の汽笛」をプレイしました!ふーふーしなくちゃ倒せないボスを倒し、雑魚を倒し、ようやく進みましたよ!スタンプ帳をもらい、それぞれの街などに設置されているスタンプ台でスタンプを押すことができるようになりました!これがちょーいい感じ!本当にスタンプなグラフィックで、スタンプラリーやってるような感じなんです!ってスタンプラリーやったことないけどね。でも、笛吹いたりして、ふーふーしなくちゃいけない場面が多すぎるので、すげえ面白いのに残念だけど、やっぱり電車の中でプレイするのは厳しいなぁ。

小旅行の帰りに秋葉原に寄って、Wiiの「マッドワールド」と、Xbox360の「セイクリッド2」、PCの「ストーカー:コール・オブ・プリピャチ」、PSPの「るぷぷキューブ」を買ってもらいました!うおおお、「マスエフェクト2」が超絶的に面白いというのにー!こんなに沢山のゲームを買ってもらって、いつプレイするんだアタクシ!とか思いながら、帰宅して早速「マッドワールド」をプレイしてみましたが、よくこの内容で、この表現で、Wiiで発売できたもんだねー!道路標識を引きぬいて敵の頭に刺し、ドラム缶やタイヤをかぶせて身動き出きないようにして、壁などに設置されたスパイクに叩きつけて串刺しにしたりする事が可能なんです!ていうか、そのような残虐行為を一人の敵に何重にも行ってコンボを決め、是非高得点を狙ってまいりたいのです!一応物語はあるのだけれど、そんなのどうでも良くて、「バトルランナー」「マンハント1」な感じでございます。高得点な残虐行為を決めるときは、コントローラーやヌンチャクを振りまくる操作が必要なので、結構疲れるよ!主人公は「シン・シティ」のマーヴみたいですが、何となく懐かしの「ZPC」を連想しちゃいました。でも、世界観の強烈さは「ZPC」の方が強烈かもしれません。

コメント