萌えさせてみよ


今日は「アルカナム」をプレイです!人と会話する際に、表情とか仕草まで文字で表示されるのが面白いね。”センス”みたいなスキルがあって、その値が高いと、人のそういう仕草に気づく、みたいなのだと面白いと思ったけれど、そこまでするのは面倒臭い感じね、我ながら。NPCに繰り返し質問すると、段々と情報が聞き出せたりするところがステキなゲームでございます。
それはともかく、今日は街のシンボルとなっているデカい機械がうるさいし、嫌いだから、ぶっ壊しておくれよ、という魔法使いの頼みをうっかり聞いてしまいそうになったけれど、ちゃんと断って、保安官に密告しました。この街の保安官ったら、すげえ腰抜けで、橋の通行税を勝手に徴収しちゃうヤクザについて報告しても”聞こえなかった事”にしちゃうんです!ヤクザもの退治のため、やっつけることにしたのですが、二匹のトロールに手こずりながらも無事勝利して、先に進むことができるようになりました。ヨカッタヨカッタ。

「ヘクター:バッジ・オブ・カーネイジ」もプレイです!カートゥーンな絵だけど、いきなりオープニングで警察官が狙撃されて頭が吹っ飛んだりして残酷!ヘクターが寝てる部屋には、床にウンコあり!便器にオシッコした後、そこに手を突っ込んでアイテム取る!売春婦と顔なじみ!捕まってる若者を騙してズボンをゲット!という、非常に大人向けのアドベンチャーゲームでございます。操作方法は非常に簡単だけれど、アイテムをタップすると、他のアイテムに変わったりするのが特徴でしょうか(クリップをタップすると、ヘクターがクリップをひん曲げて鍵開けアイテムにする、とか)。

今頃ですが、「ラブプラス」を購入してみました!前から色々なところで話題になってたので、いつかプレイしてみないとアカンと思っていたけれど、廉価版が発売された今がそのタイミングなんだぜーっ!・・・ていうかね、ビジュアル的に3人の中に好みのタイプがいないんだけれど大丈夫でしょうか。不安になりつつもプレイ開始!うぅっ、これって「ときメモ」じゃん!勉強したり運動したりしてパラメータを上げて、時々起こるイベントでイイところを見せて、「あー、合田くんったら運動だけじゃなくて勉強もできるんだー」なあんて言われながら好感度も上げつつ、彼女との会話では最適な選択肢を選択して、更に好感度を上げちゃうんだぜーっ!一日の最初に自動的に選択されるスケジュールを見てみると、勉強ばっかり!最初の方でテストをクリアできたりして、いい感じにミニイベントをクリア出来ていたので、「あぁコンピュータってこれから起きるイベントを知ってるから、それをクリアできるようにしてくれるのかな」とか勝手に思って、そればかりに頼っていたら、勉強だけできる、運動オンチでファッションにも疎い奴になっちゃってました!高嶺さんと毎日一緒に下校したりして、いい仲になりそうな感じですが、高嶺さんから「無理しない方がいいんじゃない?」って言われちゃうようなアタクシで、この先大丈夫でしょうか。ていうか、恋人になってからの”恋人モード”というのが、このゲームのキモだと思うので、これはもう頑張るしか無いんです!”恋人モード”をプレイしなければ、まだ「ラブプラス」をプレイしたことにならないのですから!(多分)

コメント